小学部研究

研究運営計画

平成28年度 小学部研究運営計画

1.研究テーマ

児童の自己の育ちと他者との関係性を育む授業づくり

-『意思の表明』の基盤となる力を育むための授業省察を通して-

 

 

2.研究方針

全校研究方針を受けて

(1)「個別教育計画(プロフィール、教育計画)」の策定・運用を行い、実践を通した成果と課題を明らかにする。

(2)授業省察を基にした授業評価と授業改善を追究する。

(3)児童とやりとりのプロセスに基づく「合理的配慮」の実践モデルを検討し、提案する。

 

 

3.研究方法

(1)個別教育計画の運用と実践

・ 児童の願いをくみ取るためのニーズ調査アンケートの改善、個別教育計画における重点目標の設定に取り組み、授業づくりへの活用のプロセスを明らかにする。

・ 保護者アンケート等を通して、家庭との連携や学部間移行上の成果と課題を整理する。

(2)授業省察を基にした授業研究

・ 授業のねらいや目標、個々の実態や課題について教師間で共有する方法を検討する。

・ 授業省察(ビデオ検討など)を行ない、児童の学びの実態に即しながら、目標の評価と手だての検討、教師間の共有を積み重ねる。

・ 年2回の単元評価にとりくみ、単元評価の観点・方法をまとめる。

(3)「合理的配慮」実践モデルの検討

・ 各学級で児童の思いや意見(意志の表明)を取り入れた学習活動や教材作成などの実践を検討し取り組む。

児童の思いや意見を取り入れるプロセス、活動や教材が改善されていくプロセス、他の児童にも活用を拡げるプロセス(基礎的環境整備)などの実践をまとめ、モデルとして提案する。

 

 

4.研究授業 

 『生活』(はな、つき)、『造形』(そら)

 

5.研究講師

  米田 宏樹 先生(筑波大学人間系)

  吉井 勘人 先生(山梨大学教育人間科学部)

  堀田 英子 先生(日本大学芸術学部)*研究アドバイザー

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba