研究部

研究部

令和元年度 全校研究運営計画

令和2年度

筑波大学附属大塚特別支援学校 全校研究運営計画

 

1.研究テーマ

知的障害児教育が今まで大切にしてきたこととは

個に応じた教育課程の編成

3年計画の1年次

2.研究目的

(1)幼稚部から高等部まで一貫した教育課程の編成    (3年)

(2)知的障害の特性を踏まえた指導形態の提案          (3年)

(3)個別の教育支援計画の運用方法の検討          (1年)

3.今年度の目標・方法の概要

今年度の目標

(1)カリキュラム運用プロセスの再確認

(2)学習内容表の見直し

(3)個別の教育支援計画の運用方法の提案

 

(1)カリキュラム運用プロセスを構成する要素の整理・検討 参考:研究紀要第57集p20

   ・カリキュラム運用プロセスフロー図の作成・共有

    カリキュラムを構成する要素について、誰が、いつまでに、何を行うかを確認する

    要素例)学校教育目標・学部教育目標・年間指導計画・単元指導計画など… 

   ・年間指導計画の見直し

    昨年度作成した単元題材配列表に、時数(小学部~高等部)とねらい(幼稚部~高等部)の追加

    

(2)学習内容表と学習指導要領を比較検証し、学習内容表の精度を高める。

   ・学習内容表の位置づけを全校で再確認 (夏季研など)

    学校教育目標や学部教育目標を踏まえた上で、どのような学習内容表を目指すのか共有する。

   ・各授業の指導案に、学習内容表の項目と関連した学習指導要領の項目を明示する。

 

(3)育成すべき資質能力の3つの柱の概要について学校全体で共有する。

   ・大学教員(研究講師)の講演

 

(4)個別の教育支援計画における「目指す姿」(支援方針) を家庭・関係機関と共有し、

   フォーマットに記載する。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba