教材教具の紹介

教材教具

【本校の職員による作製教材の紹介】

 

 筑波大学附属学校の3つの拠点構想のひとつである「先導的教育拠点」を目指して本校では、教材教具の開発研究に取り組んでいます。本校では、2011年度に本校独自の「関係の形成と集団参加」「生活」「認知」「身体・運動」「情操」「コミュニケーション」「社会生活・進路」の7領域で構成された学習内容表を作成してきました。その領域に基づき、「認知(基礎)」をはじめ、各学部で開発作製してきた教材教具の展示を2年ほど前から行なってきました。

 ここでは、それらの教材を「実物の写真」「7つの領域別」「ねらい」「対象とする子どもや場面」「指導方法や留意点」「作製上の配慮点」や「作成者や販売元」などの項目を設けて紹介いたします。

 まだまだ、全部の教材教具を掲載できたわけでなく、また領域別や発達段階別の整理、指導場の実践の紹介など、課題が残っておりますが、試みとして掲載させていただきます。忌憚のないご意見、ご感想をお待ちしております。          

2012年9月    教材教具開発担当:根本文雄

各部の教材教具

各種資料

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba