教材教具の紹介

筑波大附属大塚特支のICT、いかがですか?

スマートフォンやタブレットの使用が一般的になり、学校教育現場においてもGIGAスクール構想によって、児童生徒に一人一台の端末と高速通信ネットワークが配備されることになりました。特別支援教育においても例外ではなく、本校もGIGAスクールの実現に向けて少しずつですが動きが出てきました。

 

特別支援教育においてはVOCAや各種スイッチ類に始まり、現在ではタブレットやパワーポイントなどを活用した教育が、各教員の創意工夫で行われているとおもいます。しかし、どこの学校でもそうだと思いますが、教員同士、お互いの教育実践を見合ったり、実践知を共有したりする機会はなかなかないのではないでしょうか。他のクラスにズカズカと入っていくわけにも行きませんしね!

本校でも各先生方の創意工夫によって様々な取り組みが行われています。しかし、その実戦をお互いに共有する機会もありませんでした。

 

そこで本校では本年度、新たな校務分掌としてICT教育を立ち上げ、本校の様々なICTを活用した実践を、本ホームページで報告することとしました。

 

この機会にぜひ筑波大学附属大塚特別支援学校の先生方の熱意のこもった実戦をご覧いただきたいと思います。

 

ホームページは定期的に更新していきます。

記事もどんどん追加していきますので、お楽しみに!

 

校務分掌ICT教育チーフ、宇佐美太郎


 

メンバー:佐藤義竹(支援部)、若井広太郎(幼稚部)、田上幸太(小学部)、片山忠成(中学部)、宇佐美太郎(高等部)


 

ict@otsuka-s.tsukuba.ac.jp

 

10/13 「附属大塚のオンライン学習について語ろう!〜Zoomミーティング編1〜」

本校で今年度行ってきたオンライン学習のうち、今回はZoomを活用した実践について、座談会形式での情報交換を行いました。幼稚部から高等部までの教員11名が参加し、各部における様々な取り組みの現状が見えてきました。いくつかの話題にまとめて紹介します。

 

実施日:2020年8月27日

 

参加者

司会:宇佐美教諭✳️

幼稚部:若井教諭✳️、飯島教諭

小学部:鴫原教諭、田上教諭✳️、高津教諭

中学部:片山教諭✳️、岩切教諭、島教諭

高等部:原田教諭、藤本教諭

 

✳️分掌ICT教育メンバー

座談会の様子
座談会の様子

<今年度1学期の本校の状況について>

オンライン学習の話題に入る前に、今年度1学期の本校の状況を簡単にご説明します。今年度は下記の状況を経て、授業を再開しました。

【臨時休校期間】4/8(水)〜5/29(金)

【分散登校期間】6/1(月)〜6/30(火)  

オンライン授業:1週間のうち、登校しない日の平日1〜2回程度に実施。 

学校での対面授業:週2〜3回登校。時間を分散して登校。  

【一斉登校期間】幼稚部・小学部 7/01(水)〜7/31(金)。中学部・高等部 6/30(火)〜7/31(金)。

登校を自粛している生徒については、授業の様子を zoomで発信し、在宅で授業に参加

できるようにした。 

 

1.Zoom(オンライン会議システム)を活用した各部の学習活動(取り組みの特色) 

<司会>

「幼稚部から高等部まで、各部の授業でどのようにZoomが活用されていたのでしょうか。学習活動や取り組みの特色を教えてください。」

 

<幼稚部>

「あつまりを中心に行っていました。分散登園中、登園している子たちと家にいる子たちに対してもZoomを使ったあつまりをしていて、登園していない園児の保護者からもZoomで参加をしたいという要望がありました。一方、対面とオンラインを同時に行うにあたっての課題もありました。その一つに、学校にいる園児と合わせて、Zoom上で参加する幼児に対して画面越しに紙芝居や絵本等を見せることが難しいということがありました。」

「最初はパワーポイントの画面を共有していましたが、歌紙芝居の絵のみしか共有できませんでした。前で示範しているメインティーチャーの動きや、一緒に参加している友達や大人の動きも共有できるとよいと考え、ギャラリービュー(一覧表示)の1画面として、歌紙芝居を投影できるように工夫しました。ギャラリービューで行ってみると、歌紙芝居の画面をよく見る子や、教員の動きをよく見る子がいて、子どもたちが見たいものは、それぞれにあるんだなということがわかってきました。」

分散登校中 幼稚部 zoomをつかって家にいる子も授業に参加
分散登校中 幼稚部 zoomをつかって家にいる子も授業に参加

「パワーポイントのスライドを画像ファイルに変換して、バーチャル背景として張り付けるとギャラリービューの1画面として表示できます。この工夫で家庭から参加をする幼児も見やすくなりました。それまでは、カメラの位置に応じて教員が移動したり、逆にカメラを動かしたりと、環境設定がとても大変だったので、バーチャル背景を上手く使うことで、私たちも楽に配信できるようになりました。」

若井教諭
若井教諭

→「具体的にあつまりの内容はどんな感じだったですか?」

「あいさつ、名前呼び、歌のリクエスト、家にある好きな物の発表、踊り、親子でできる歌遊びなどです。」

→「集まり以外には何をしたの?」

「幼稚部は授業ではあつまりが中心でした。その他、保護者会でもZoomを使ったことはあります。」

 

<小学部>

「はな組(1.2年生)もあつまりを中心に行いました。事前に各家庭にDVDを送り、その中にあつまりで行う活動を色々と入れました。お楽しみコーナーでは、DVDで紹介した活動の中から日替わりで行ってみました。内容は、あいさつ、歌、名前、朝食に関する質問、お楽しみコーナー、おわりのあいさつ、の流れです。個別的なやりとりとして、児童のリクエストを聞いて一緒にやってみることもしました。」

鴫原教諭
鴫原教諭

「つき組(3.4年生)も、あつまりを中心的に行いました。活動の流れは、あいさつ、歌、名前、曜日、天気、お楽しみコーナーです。お楽しみコーナーのところでは絵本の読み聞かせをしていました。つき組でも事前にあつまりの流れのDVDを作って家庭に送りました。オンラインあつまりを始めると次第に児童自身がしゃべりたい、自分の声を他者に届けたいという思いが強くなり、マイクでそれぞれが喋り出す場面が増えてきました。そのため途中から一言タイムとして、テーマを決めて各児童が話す時間を設けました。事前にどのようなことを聞くのかを伝えておくと、必要な子はあらかじめ準備をしていました。話す活動の場合、各家庭のZoomの環境によっては子どもの声がうまく聞き取れないこともありました。ある日一人の児童が「ここにおできができた」と一生懸命伝えようとしたのですが、上手く伝わらなかったことがありました。授業終了後も一生懸命Zoomを接続して、伝えようとしていたという報告が保護者からありました。」

 

「そら組(5.6年生)もあつまりが中心でした。名前呼びの時に、一言コーナーを設けました。毎回お題を出しておき、家にいる時に、お気に入りのものや最近あった出来事などを考えて発表してもらうようにしました。授業終了後は、学級通信で「〇さんはこんな発表をしました」と書いて伝えるようにしました。またペープサートを使って、「今の天気は?」と発問をしたりしていました。お楽しみコーナーでは3人の担任がそれぞれ運動、音楽、絵本の読み聞かせ等を分担して行いました。」

高津教諭
高津教諭

「分散登校中は学年ごとに登校していたので、幼稚部のように対面とオンラインと同時に行いました。表示については、在宅で参加の児童には、見てほしい画面を「スポットライト表示」で示すようにしました。また録画はギャラリービューで録画し、配信は、みんなの様子がわかるように画面を切り替えて配信するようにしました。分散登校中はカメラ2台を使用し、教室全体と教員や友達のアップが見えるように設置をしました。また外付けのWebカメラを使う際に、パソコンとIVCAMをつなげて使用しています。」

分散登校中 そら組(5、6年生)もzoomをつかって家庭とつながる。教室全体と教員や友達のアップが見えるようにカメラ2台を使用。
分散登校中 そら組(5、6年生)もzoomをつかって家庭とつながる。教室全体と教員や友達のアップが見えるようにカメラ2台を使用。

→「IVCAMいいよね。」

「いいですよね。PCだと機器を動かさないといけないが、IVCAMはそのまま切り替えができる。PCは固定で教室全体を写し、教員や友達を映すためにIVCAMを使って、iPod touchをつないだPCを使用しました。」

「IVCAMというのはアプリで携帯のカメラの映像をZOOMに映し出すものです。PCだと持ち運びが大変ですが、IVCAMを使えば楽にカメラを動かすことができます。iPodだと画質も音質も良いです。」

→「それは無線でも使えますか?」

「無線でも使えます。」

「携帯(iPod)とPC両方にアプリを入れると、自動で検索をして連動します。ただ、MACはIVCAMを使えません。」

「Macで使えるWebカメラソフトとしては、EpocCamというソフトがあります。」

→「Zoom拡張系のアプリがたくさんあったんですね。」

「WindowsはIVCAMが主流です。」

一斉登校 zoomで各教室をつなぎ、新入生歓迎会に参加するはな組(1、2年生)
一斉登校 zoomで各教室をつなぎ、新入生歓迎会に参加するはな組(1、2年生)

次回は、中学部と高等部の取り組みについて報告させていただきます。

10月末掲載予定です、お楽しみに!

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba