保健給食部

保健給食部スマイルトピックス 2015

3月11日 たくさんの「ありがとう」をありがとう!

今日は最後の給食です。「子どもたちのために今日もがんばりましょう!」と張り切っていた給食室に、小学部そら組のみなさんが、ありがとうの気持ちをカードに託し届けてくれました。

 

4人の調理員さん方はおどろきながらも、笑顔にあふれた人、ジーンと感動した人…とても喜んでいました。チーフは泣いていました(写真中央)。

給食時間に高等部や幼稚部をまわった時、下膳の時の小学部さんから、いつも以上にたくさんの「おいしかったよ」「また作ってね」「給食大好き!」の声をもらいました。

 

下校時には中学部2年生が一人ひとり手紙をくれました。ラーメン、パエリア、せんべい汁、しらす丼、そしてコシヒカリ!4月に向けてのリクエストももらいました(笑)。

子どもたちの笑顔が調理員さん方の原動力。たくさんの「ありがとう」を本当にありがとうございます。調理員さん方は、4月からもまた一生懸命がんばってくれますよ。みなさんもたくさん食べて、さらに大きく成長して欲しいと思います。

 

【最終日の献立】

お赤飯 なめこと江戸菜のみそ汁 ささみフライ 切干大根の煮物 フォンダンショコラケーキ

3月10日 オムライス作りにチャレンジ!

卒業生のリクエストメニューということで、「オムライス」が大塚の給食に初登場です!オムライス、みんな大好きですよね。せっかくの機会なので、自分だけのマイオムライスを作りあげてもらいました。

 

中学部をのぞいてみると、真剣に、そして楽しそうにオムライスを作る姿がありました。楕円形に盛り付けたチキンライスに、うす焼き卵をそっとのせて形をととのえ、仕上げにトマトケチャップで思い思いのデザインを描いていました。ハートや顔を描く生徒たちもいれば、波や雨のような模様を描く生徒たちなど、斬新なアートが勢揃いでとてもすてきでした!小学部さんはケチャップを自分でかけたクラスもあったようで、嬉しそうに話をしてくれました。

 

自分で作ると、おいしさも倍増ですね。

3月10日 スマイル「一年間をふり返ろう」

今年もスマイル(健康教育・食育)ではたくさんのことを勉強してきました。今月はその中でも大切なことを4つふり返りました。

 

①ハンカチ・ティッシュをいつも持っていた(写真左)

②えがおで、相手の顔を見てあいさつができた

③手洗い・うがいをきちんとした

④友だちにやさしくできた

 

この一年間、大きな病気やけがをする人なく過ごすことができてよかったと思います。来年度、新しい学年になっても、楽しく元気に毎日を過ごしましょう。

 

最後に、4月に一人ひとりが立てた目標「がんばること」にむかって、みんながどのようにがんばってきたか、先生方からコメントをもらいました(写真中央)。ほめられると、少し恥ずかしそうに、そして嬉しそうに聞いていました。もう少しがんばって欲しい課題もいくつか出ました。来年度はその課題に向って、さらにがんばっていきましょう。

3月1日 給食で日本食べ歩きの旅2015 終了!

一年間で、のべ16の都道府県を給食で食べ歩きました。

 

食べたいものに投票したり、クイズにチャレンジしたり、修学旅行先の郷土料理を食べてみたり、いろいろな食育体験ができました。みなさんは、どこの県のどの料理や食材が印象に残っていますか。 「たこめし、食べたかったなぁ」「私が生まれた県の料理を出してください」という声や、毎朝、記録を記した地図パネル(写真左)を見上げる子どもたちの姿もありました。

 

食べ歩きの旅はひとまずこれで終わりますが、給食には引き続き郷土料理が登場します。どうぞお楽しみに。

 

さて、最後に訪れたのは山梨県。市川三郷町大塚地区でとれるなが~い“大塚にんじん”です。学校の名前と同じですね。その長さと香りをスマイルの時間に確かめ(写真中央)、カレーライスにしておいしくいただきました。鮮やかな色の甘くて濃い味のにんじんでした。また来年、大塚にんじんの旬の時期に食べてみたいですね。

2月23日 食文化体験 急須でお茶をいれてみよう

スマイルでは毎年、高等部3年生を対象に、急須でお茶をいれて味わう食育体験学習を行っています。急須でいれた温かいお茶は日本の食文化の一つでもあります。

 

生徒たちは一人ひとり道具を使い、少し緊張しながらも心をこめてお茶をいれました。

 

道具の名前では「急須」「湯のみ」だけでなく、「茶たく」を知っている生徒もいました。また、「このお茶は狭山茶ですか、それとも静岡茶ですか?」との質問も出ました。有名なお茶の産地をよく知っていますね!今日のお茶は“福岡県の八女茶”でした。

 

生徒たちは、それぞれ湯のみ2つ分のお茶をいれ、一つは茶たくにのせて先生へ、もうひとつは自分で飲みました。自分でいれたお茶の味は、もちろんいうまでもありません。卒業まであと少し、クラス団らんの心和むお茶会になりました。

 

卒業したら、職場でお茶をいれる機会があるかもしれません。また、お家でもぜひ家族のためにいれてあげて欲しいと思います。

2月1日 高2プロデュース「燃えろ闘魂 赤のカープ定食」

今日の給食は、高2プロデュース給食「燃えろ闘魂 赤のカープ定食」でした。

 

これは、高等部2年生が家庭科の授業で立てた献立です。

給食の献立をお手本に、「主食」「主菜」「汁物」「副菜・デザート」がきちんとそろうように、栄養のバランスを考えて立てました。

 

献立ではネーミングもとても大切です。名前で、「おいしそう」「食べたい!」という気持ちになることも多いもの。そういった意味でも、今回のネーミングは最高ですね。どうやら、熱狂的な広島カープファンがいるようで、楽しいです。

 

できあがった赤い給食をご覧ください(写真右)!

献立に込めた熱い想いが、給食を食べた大塚のみんなに伝わり、心が燃えて元気が出てきました!高等部2年生の皆さんありがとう(記念写真はカープの「C」でポーズ・・・写真中央)。

 

【燃えろ闘魂 赤のカープ給食】

スパゲティナポリタン からあげ ミネストローネ フルーツ 緑茶

1月29日 おおつかみそまつり

給食で食べ歩きの旅・1月は「おおつかみそまつり」と題して、3日間に渡りご当地みそを使ったみそ汁を食べてみました。どれも有名なみそで、その地域では日常よく食べられています。材料とその割合、熟成の度合いによって、それぞれ独特なおいしさのみそが出来上がります。

 

●鹿児島県の麦みそ とうふとワカメのみそ汁

麦の香りが教室いっぱいに広がりました。麦特有の甘さとコクがあるみそでした。

 

●東京都の江戸甘白みそ じゃがいものみそ汁(写真左)

とろりとした麹の甘みが、具のじゃがいもとよく合っていました。

 

●宮城県の仙台赤みそ なめこと厚揚げのみそ汁(写真右)

大豆のおいしさをしっかりと感じられる力強さのあるみそでした。

 

日本の食事には米とならんでみそは欠かせません。

いつも何気なく食べているみそですが、意識して味わうことで、新しい発見がありました。まさに、みそが主役の「おおつかみそまつり」でした。

1月29日 「宝探しのポークカレー」と「おとな味のチキンカレー」  

1月、行事の関係で、幼稚部小学部だけが給食を食べる日と、中高等部だけが食べる日がありました。そこで、普段とはちょっと違うカレーライスが給食に登場しました。

 

幼稚部小学部だけの日は「宝探しのポークカレー」(写真左)。

「よく見て食べよう、味わってみよう」を目標に、カレーのにんじんの中から、星やハート型のお宝にんじんをさがしながら食べてみようというもの。ちょっとした遊び心を入れたカレーでした。子どもたちだけでなく、先生たちも楽しんでいました。

 

中高等部だけの日は「おとな味のチキンカレー」(写真右)。

「スパイスのおいしさを味わってみよう」を目標に、その名の通り、スパイシーなおとな味を体験してもらいました。給食室では調理員さんたちが、「みんながおいしく食べられる範囲のスパイシーでおいしいカレー」を、味見をくり返しながら作ってくれました。生徒たちからは、「ぜんぜんだいじょうぶだった」「もっと辛くても平気!」との声。そうですか・・・みなさんは、先生たちが思うよりももっと「おとな味」だったのですね。

1月18日 給食当番はきちんとした身支度で!

新しい年を迎え、3学期の給食も始まりました。中学部の部集会では、ミニスマイルとして、給食の身支度について改めて勉強しました。

 

給食当番をする時は、まずは手洗いです。指の間や手の甲までしっかりと洗いましょう。その後、白衣・帽子・マスクをつけます。実はこの3つ、清潔を保てるように、つける順番が決まっていますが知っていますか?これをクイズ形式で勉強しました。

 

①マスク手と同じように、鼻の穴の中にはバイ菌がいることもあります。鼻は手のように洗えません。また、お話すると口からはつばも飛びます。まず最初に、鼻と口をマスクでしっかり覆いましょう。

②帽子帽子は髪の毛が給食に入らないように被るものです。髪の毛は全て入れましょう。長い人はゴムで結わえると入れやすいです。また、耳のまわりにも髪の毛が生えていますので、しっかり覆いましょう。白衣を先に着ると、白衣に髪の毛が付いてしまいます。

③白衣最後に白衣です。きちんと洗濯してありますか。ボタンが取れかかってないか、確認します。ボタンがとれて給食に入ってしまっては大変です。

 

今回は見事、全問正解した生徒たちにきちんとした身支度の見本をしてもらいました。

明日からも、給食当番はきちんとした身支度で行いましょう。

1月14日 新春・健康すごろく大会 

明けましておめでとうございます。みんなの元気な笑顔で今年のスマイルもスタートしました。

 

さて、1月のスマイルは「健康すごろく」をしました。今年も一年健康で元気に過ごせるための「健康すごろく」です。クラス対抗戦となり、熱い戦いが繰り広げられました。

 

まず、サイコロを振って出た目の数だけ進みます。さらにお題をクリアーするともうひとマス進め、クリアーできないとひとマス戻ります。お題は「朝ごはんを食べてきましたか」「玄関でアルコール消毒しましたか」「爪はきちんと切ってありますか」などです。「ハンカチ・ティッシュを持ってますか」では、当てられた生徒がポケットから出すまで、同じクラスのみんなはドキドキ。持っていた生徒は喜びいっぱいに両手で掲げ見せてくれました。サイコロを振る顔は皆真剣で、「5や6」が出ると万歳、「1」だと床を叩いて悔しがる姿もありました。体をたくさん動かし、全員積極的に取り組みました。中学部は大逆転の末、3・2年生のダブル優勝、高等部は1年生が優勝しました。

最後は、寒い冬を元気に過ごせるよう健康すごろくに沿って勉強しました

12月16日 大阪の郷土料理&クリスマスケーキ

給食で日本食べ歩きの旅・12月は都道府県名当てクイズでした。「かやくごはん」と「たこ焼き」をヒントに「大阪府」を当ててもらいました。

 

給食では、大阪府の郷土料理である「かやくごはん」「船場汁」そしてもちろん「たこ焼き」も登場しました。「かやくごはんの味、すきです」「たこ焼きおいしかった」。中でも船場汁への感想が多く、担任からは、「最初、鯖を見てためらっていた子どもたちが、一口飲んでおいしい~!との声をあげました」「みんなでお代わりして食缶は空っぽです」と、うれしい声が次々と聞かれました。

 

さて、2学期最後の給食にはクリスマスケーキがつきました。事前に、3種類のケーキの中から食べたいものを1つ選んでもらいました。「チョコレートケーキ」「いちごケーキ」「ロールケーキ」、どれを選びましたか?みんなの笑顔がはじけた最終日でした。

来年もどうぞよろしくお願いします。

 

大阪郷土料理献立

大阪かやくごはん 船場汁 小松菜としめじの煮びたし たこ焼き 牛乳

クリスマス献立

きのこピラフ かぼちゃのポタージュ もみの木サラダ セレクトクリスマスケーキ 牛乳

12月10日 手洗いチェッカーで確認しよう

12月のスマイルは、「寒い冬を元気に過ごそう」というテーマで、かぜやインフルエンザ、ノロウイルスの予防について勉強しました。

 

中でも特に大切な手洗いについて、きちんとできているか手洗いチェッカー(SARAYA)を使い確認しましたまず、専用ローションを手に塗り、いつものように手洗いをした後、専用のLEDライトに手をかざします。すると洗い残した部分がるというもので視覚的に確認することができます

 

きちんと洗っているつもりでも、指の間や爪の部分に洗い残しが見られました。最後に「正しい手洗い」をもう一度復習しました。

 

これから寒さも厳しくなってきます。かぜやインフルエンザに気をつけて、元気にすごしましょう。

11月18日 学校に来たら消毒しよう

暦の上ではもう冬です。

だんだんと気温が下がり、乾燥してくると、かぜやインフルエンザが流行ります。そこで、学校の玄関には手指消毒用のアルコールが設置されました。

 

人ごみでは細菌やウイルスも多いといわれています。みなさんの中には、電車やバスなどを乗り継いで学校に来ている人もいますね。登校したらすぐ、また、外で運動した後学校に入る時には、手指(手首や指の間まで)をしっかり消毒しましょう。保護者・来校者の皆様も同様になります。ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

さて、朝見ていると、子どもたち自らお互いに声を掛け合って、消毒する姿が見られます。とてもすばらしいですね。

これからの季節は特に、学校でもかぜやインフルエンザ防止に努めていきます。また、来月のスマイルでは、手洗いについて改めて勉強する予定です。

11月16日 おおつか米まつり

給食で日本食べ歩きの旅・11月は、「おおつか米まつり」と題して、日本各地のいろいろなお米を食べてみました。いつも何気なく食べているかもしれないごはんに着目し、意識して味わってみるよい機会となりました。

 

まずは「米粉パン」で食べ歩きの旅スタートです。ほんのりごはんの香りがするパンは、もっちりでしっとりしていました。2日目は「千葉県産ミルキークイーン」昨年、大塚の全校投票で人気№1になったお米です。炊き上がりのつやと香りに給食室では思わず歓声、もっちもちでした。3日目は「新潟県魚沼産コシヒカリ(写真左) 」昔も今も憧れの米といえばこのお米でしょうか。噛めばかむほどにあまくなる、この言葉の意味を改めて感じました。「山形県つや(写真右)」は、最後日を飾るにふさわしく、ごはんのおいしさを存分に味わうことができました。つやと輝きが最高でした。なんと、白いご飯が苦手なお子さんが、 「魚沼産コシヒカリ 」の時にはパクパク食べていたというエピソードもありました。

 

日本の米文化を大切に、これからもおいしくお米をいただきましょう。

11月6日 「豆」みて、きいて、さわって、食べてみよう!

この時期は豆が収穫される時期です。私たちにとって、身近な食材である「豆」について学びました。今回は附属小学校の栄養教諭の先生も一緒に勉強しました。

 

お祝いの時に食べるお赤飯には、あずきやささげが、ひな祭りさくらもちお彼岸たもち(おはぎ)はあずきで作ったあんこが使われます。また、行事食でもお正月には黒豆節分には大豆など、改めて考えるとよく豆を食べているのです。

 

スマイルでは、大きな箱いっぱいに入っている豆に触れながら、「何種類の豆が入っているでしょうか?」などのクイズに挑戦したり、浸水後の豆の形や大きさの変化を観察したり、煮豆(あずき)を味わったりなど、五感を使って豆について学びました。

子どもたちからは「きれい!」「さわるときもちいい!」「お料理するときに水に入れること知らなかった」「あずき、おいしい」「給食でも豆が出ますよね」などの声が聞かれました。

実際に食材に触れることで豆の楽しさやおもしろさをたくさん発見してもらいました。

10月31日 小学部のさつまいもがカレーに!

10月最後のメニューは秋味カレーです。もうすぐ冬がやってきますが、大塚ではまだまだ秋の味覚を楽しみたいと思います。

 

今日のカレーの中にはにんじん、じゃがいも、たまねぎといったおなじみの具に加えて、きのこやさつまいもなどが入りました。実は、このさつまいもは先日小学部のみんなが附属小学校のお友だちといっしょに掘ったおいもです。

「こんなに大きいのは初めてなので、ぜひみんなに見せてあげたい」と、小学部主事の先生から手渡されたさつまいもは、本当にビッグサイズ、ずっしりとした重みでした。

 

給食室前で全校生徒がたっぷり観賞したこのおいも、今はみんなのおなかの中です。

小学部のみなさん、おいしいさつまいもをありがとうございました。

 

今日の献立秋味カレーライス カッテージチーズとレタスのサラダ ハロウィーンカップケーキ 牛乳

10月27日 長崎ちゃんぽん

給食で日本食べ歩きの旅・10月はラーメン対決、全校投票で接戦を勝ち抜いたのは長崎県のちゃんぽんした。

 

朝から、食べ歩きの旅を記録した日本地図の前に立ち、何やら話している子どもたちの姿。「ちゃんぽんだ~」「楽しみ」と子どもたちだけでなく、保護者の方々にも声をかけていただき、みんなで食べ歩きを体験している気分でした。給食時間が近づくと、廊下には12時のチャイムを待つ長い列が続いていました。

 

さて、いつもより少し太めの麺、野菜たっぷりの具に白濁スープのちゃんぽん。「おいしかったです」「また作ってください」の声をいただきました。

来月は「おおつか米まつり」です。新米を楽しみましょうね。

10月20日 歯科医師による高3歯みがき指導

秋の歯科検診がありました。高等部3年生は検診の後、学校歯科医師の加賀谷昇先生から卒業後に向けての歯みがき指導がありました。

 

お口の体操をしたあと、染め出しを行い、それぞれみがき残している所を確認しました。歯と歯の間や、上の前歯などにみがき残しが見られました。

歯ブラシの先をつま先、根元をかかとと見ると、歯の裏側は歯ブラシのかかとを縦に使ってみがく方法がいいことを教えていただき、みんなで練習しました。

 

高等部3年生は来年からは社会人です。加賀谷先生からは、「卒業したら社会の一員、立派な大人です。自分のからだをきれいに、清潔に保つように約束しましょう。」とのお話がありました。これからも自分の歯を大切にしましょう。

10月20日 くもらない給食サンプルケース

給食の見本(サンプル)は特別支援学校において、とても重要な役割があります。子どもたちは見本を見ることで、食べることが嬉しい・楽しみだと感じたり、不安がなくなったり、さらにお皿の並べ方、盛り付け方を確認します。

 

大切な教材であるサンプルケースがくもっていては台無しです。

これまで、湯気でくもらないように冷ますため、早めに盛り付けたり、うちわであおいだりしていました。それでもくもってしまい、くもりを拭きとる毎日。これが結構手間がかかり困っていました。

 

すると、事務係長が「くもらないサンプルケース」を作ってくださいました。

ケースにネットで購入した小さなファンを取り付けたものです。写真中央の2つの見本はファンを回したものと回さないもの。見てください、こんなに違います!!

 

これから寒くなり、うどん、おでん、シチューなど体が温まるメニューが給食に登場しますが、大塚のサンプルケースはこれで大丈夫です。じっくりとのぞいて見てくださいね。

10月18日 スマイル・青年学級版!

青年学級は本校の卒業生を中心とした団体で、毎月さまざまな余暇活動を行っています。参加者の皆さんはこの活動をとても楽しみにしています。

 

今月は保健給食部が担当し、「まるみがきで歯を大切にしよう」「栄養のバランスを考えておにぎらずを作ろう」を行いました。スマイル・青年学級版です!

 

まるみがきは、学校歯科医師の加賀谷昇先生が考案した、みがき残しのない歯みがき方法です。きちんとみがけているようでも、それぞれ癖があり、みがき残しがある人もいます。参加者の皆さんは染め出しを行い、自分の歯みがきを再確認しました。

 

後半はにぎらず作りです。ごはん・主菜(肉・魚・卵など)・野菜が揃っていると、栄養のバランスがいいことを念頭に具を選んでいきます。野菜が苦手な方も、きんぴらごぼうなどの野菜を入れて、それぞれが個性豊かなおにぎらずを完成させました。味はもちろん最高でしたね。楽しい活動となりました。

10月15日 今年もお茶の花が咲きました

保健給食部で栽培しているお茶の花が咲きました。

白くてかわいい花ですね。まだ、たくさんのつぼみをつけています。

 

お茶を栽培している地域では、葉っぱに栄養がいくように、花はなるべく咲かせないそうですので、見たことのない人も多いのではないでしょうか。

 

大塚の給食では、月に一度、和食の日に牛乳にかわり緑茶を出しています。「和食に緑茶」という昔からの日本の食文化を、給食を通して伝えています。

今日もぶりの照り焼きや筑前煮、何よりごはんにお茶がよく合っていましたね。

10月14日 「目の愛護デー」

10月10日は「目の愛護デー」でした

 

10月10日の「10」をくるっと半回転させて顔の上にのせてみると、目とまゆ毛に見えませんか?今月のスマイルでは、目を大切にするために気をつけたいことを勉強しました。

テレビは 2mくらいはなれて見る(写真左)

何でも食べて、目にも栄養を

前髪はみじかく切る、ピンでとめる

 

次に、目が疲れた時などにいい目の体操をしてみました「右を見る」「左を見る」ことが少し難しかったですね。目の体操をしたあとは、 「給食まちがいさがしゲーム」です。2枚の写真をよく見くらべながら間違いを見つけます。先生方も「あとひとつ・・・」と悩む中で、全問正解の生徒もたくさんいました。

これからも、目を大切に過ごしましょう。

9月18日 青森りんごの食べくらべ

今日の給食は青森県の郷土料理、デザートはりんごでした。青森といえばりんごが有名ですね。今月、高等部2年生が修学旅行で青森県を訪れます(写真中央)

せっかくの機会なので「青森産のりんご2種・食べくらべ」をしました。

 

今日食べたのは「つがる」と「黄王(きおう)」という種類です。

●つがる秋一番にとれるりんごパリッとかむと口いっぱいに甘さが広がりとってもジューシー。

 ●黄王黄色い王様で「黄王」。甘みにほどよい酸味も加わり、後味さっぱり。果汁が多く、りんごなのに梨のような味わい

 

さて、食べくらべた反応は、「(つがるは)あまい!」「(黄王)はサクサクしている」「香りがちがう」「両方おいしい」などどちらがお好みかの質問には、あまり食べたことのない食感を楽しめたということで、黄王派が少し多かったようです。

9月18日 修学旅行先の郷土料理を味わおう!

給食で日本食べ歩きの旅・9月は、中3(沖縄県)、高2(青森県)修学旅行で訪れる先の郷土料理です。

 

沖縄は独特の食材と調理法があり、食文化としてとても興味深い土地です。今日登場したのは、メキシコのタコスをアレンジした沖縄料理のタコライス。少しピリッとしてましたか?もずくは沖縄の久米島産を使いました。そしてゴーヤは大塚産(笑・ゴーヤチャンプルーのトピックス参照)。楽しい給食でした。中3の皆さん、いってらっしゃい!

 

青森料理では、せんべい汁用の南部せんべいが、鶏ベースのだしをすって、モチモチ、プルプルといった食感でした。貝焼き味噌は、ホタテのうまみがみそに溶け込み、これまたおいしかったですね。りんごの食べくらべは次のトピックスでご紹介。楽しい給食でした。高2の皆さん、いってらっしゃい!

 

沖縄料理・献立

タコライス  沖縄もずくのスープ  ゴーヤチャンプルー(写真左)

青森料理・献立

ごはん  せんべい汁  貝焼きみそ・ミニトマト  青森産りんご2種食べくらべ(写真右)

9月15日 ゴーヤチャンプルー

今年の大塚では小学部、中学部、事務室で、緑のカーテンでおなじみのゴーヤが栽培されました。ぐんぐん伸びて、黄色い花を咲かせ、ゴーヤが大きく膨らんでいく姿は、毎日の楽しみでしたね。

 

さて、今日の給食はゴーヤチャンプルーです。

そこで、このゴーヤチャンプル-を、小学部はな組さんと、事務係長の育てたゴーヤで作ることになり、まさに給食が生きた教材となりました。

 

当日朝、はな組の子ども達が自ら収穫し、種とわたを取ってくれました。お家でやったことのある子も、はじめての子もみな真剣です。担任の先生の声かけにより、ゴツゴツした感触、苦みのある香り、色や形の違いなど、五感を使ってたっぷりとゴーヤを感じていました。はな組から、種取りの終わったゴーヤを受け取り、給食室はいつにも増して心を込めて調理しました。おいしかったですね。

9月9日 もしもの時に備えよう・非常食体験!

みなさんの家には、薬・ライト・ラジオや非常食といった防災グッズが用意されていますか。

 

災害時には料理ができなくなることもあるので、非常食を準備しておくと安心です。今日のスマイルではいろいろな非常食を紹介しましたが、パンの缶詰やお餅などもあり驚いていました。

今日はその中から五目ご飯を作り、みんなで試食しました。アルファ米に水を注ぐだけでご飯ができる様子に興味津々でした。特別支援学校では、子どもによっては混ぜご飯が苦手ということが見られるため、試食をためらうのではとの予想に反し、みな「おいしい」「いいにおい」とよく食べていました。また、 「帰ったらすぐにお母さんに話す」と答えた生徒もいました。

 

この機会にぜひ、防災グッズを見直してみてください。

9月9日 もしもの時に備えよう・けがの手当て

9月1日は防災の日、9月9日は救急の日ということで、今月のスマイルではもしもの災害時に、自分のからだを守るために大切なことを勉強しました。

 

突然のけがに対応できるように、膝のすり傷や鼻血の手当てを学びました。

○膝のすり傷は、汚れを水で洗って、膝を押さえて血を止めます。

○鼻血は鼻をつまんで下を向き、出血を止めます。

 

また、手当てをする時には、血は触らないこと、血で汚れた服は着替えること、身近な大人に報告して、最後にきちんとした手当をしてもらうことが大切です。

9月3日 2学期の給食がはじまりました

みんな元気に2学期を迎え、教室からはにぎやかな声が聞こえてきます。給食も始まりました。

 

お家での食事もおいしかったと思いますが、給食は先生やたくさんのお友だちと食べますので、さらにおいしく、また違った楽しみがありますね。2学期もよろしくお願いします。

 

初日の給食は「そうめん」でした。ジメジメした蒸し暑い日でしたので、喉ごしもよかったようです。この日は小学部におじゃましましたが、そうめんを上手にすくって、つゆに浸し、ツルツルとすうことができましたね。

 

献立

●そうめん かしわ天とオクラの天ぷら 温野菜のチーズ焼き ブルーベリー 牛乳

7月14日 夏の給食

1学期の給食も終わりです。

 

7月は夏野菜やかき氷、メロン、パンチのきいた豚キムチなど、夏ならではの献立が続きました。もうすぐ長い夏休みが始まります。しっかり栄養をとり、元気に過ごしてくださいね。

 

9月の給食は9月3日からはじまります。

 

献立

●ごこくクンの五穀米&夏野菜のカレー レタスとツナのサラダ 鹿児島県の白く 緑茶

●ごはん とろろこん汁 ささみフライ 枝豆とさつま揚げのお浸し メロン 牛乳

●豚キムチ丼 ワカメとねぎのスープ 明日葉蒸しケーキ ミニトマト 牛乳

7月9日 そうめんだけでいいの?

今月のスマイルでは、「栄養のバランスを考えよう」の勉強をしました。

 

冷たい「そうめん」がおいしい季節になりましたが、みなさんはそうめんを食べる時、そうめんだけ食べてごちそう様にしていませんか?それでは栄養が足りません。そこで、そうめんと一緒に何を食べたらいいか考えてみました。生徒たちからは「から揚げ」「天ぷら」「サラダ」「漬物」「くだもの」「牛乳」などの答えが返ってきました。そうです、給食を思い出すといいですよね。

 

授業ではそうめんと一緒に食べるものを、「ハム、きゅうり、トマト、コーン」のうちから必ず2つ以上選約束でしたが、ほとんどの生徒が4種類全てんでいました。「栄養バッチリ」「どうしよう、おいしすぎる~」との声があがりました。

食べる時にはきちんと正座をして、こぼさず、残さず食べましょう。今日は、高橋副校長先生も一緒に勉強しました。夏休みに家でそうめんを食べる時には、ぜひ実行してくださいね。

7月8日 暑い夏を元気にすごそう

あと10日ほどで夏休みですね、今年も暑くなりそうです。

7月のスマイルでは、長い夏休み、暑さに負けずに元気に過ごせるように、3つの話をしました。メモをとりながら聞いている生徒もいました。

 

①食事 

 ・アイスやジュースは控えめに

 ・夏野菜をたっぷり食べよう

②すいみん

 ・早く寝て疲れをとろう

 ・短い昼寝もおすすめ

③運動

 ・朝や夕方のすずしい時間に体を動かそう

 ・すすんでお手伝いをしよう

7月6日 保健室ときゅうり

きゅうりの成長に驚きました。

 

ある日、保健室の上窓から緑色のつるが見えました。保健室の真上で中学部のみんなが栽培しているきゅうりのつるです。グングン伸びて、黄色の花が咲き、小さな細長いきゅうりができ始めました。

すると、1週間もたたないうちに、こんなに大きくなりました(写真中央)その成長の早さに驚きながら、窓から見えるきゅうりの生命力に癒されています。

 

今がきっと食べごろ。おいしいと思いますよ。

7月3日 玄関前のコーナー

7月、玄関前のコーナーの展示が「金魚」にかわりました。

 

保健給食部では、月ごとに季節や行事に合わせ、玄関前のコーナーに明るく楽しい壁画を展示しています。

 

子どもたちが、豊かで楽しい学校生活を送れるように、また保護者や来校者にも心温まる時を感じて欲しいという思いで作っています。

さらに日本の四季や行事は、伝統的な食文化に通じており、食育の観点も大切にしながら、この展示を一つの教材として活用しています。

 

子どもたちはもちろん、保護者の皆さんからも「毎朝見て季節を感じています」「いつも次の展示が楽しみです」「心が和みます」など、温かいお言葉をいただき、ありがとうございます。

6月17日 梅干しの味

つゆは「梅の実が大きくなるころに振る雨」という意味で、漢字で書くと「梅雨」となります。

 

さて、梅から作られる食べ物といえば梅干しです。

 

梅干しはおにぎりの具やおべんとうのごはんの上にもよくのっています。これは、バイ菌をよせつけない作用があるためですが、この他にも疲れがとれて食欲が増す、お肌がきれいになるなど、いいことがたくさんあります。

今日のスマイルでは梅干しを味わう体験をしてみました。

 

「すっぱい!」「ぜんぜん平気」「給食にもぜひ出してください」「ご飯が欲しくなる」などの声がありました。梅干しをはじめて食べる生徒も、ためらいつつもチャレンジしていました。今回食べたのは、梅干しの生産で有名な和歌山県の「紀州南高梅・はちみつ味」。とても好評で、あちこちから「もう一口」!() でした。

6月16日 乾パン

今日は大地震を想定した避難訓練です。学校には起震車が来て、地震の揺れの体験もしました。

 

そこで、給食では非常食である「乾パン」が出されました。いざという時に備えて、乾パンに慣れておこうというものです。

 

乾パンは、保存や携帯に便利なように固く焼いてあります。今回の乾パンはゴマが入っていていい香りがしますが、それでもこの固さが苦手だった子どもたちもいました。保健給食部でも、今後、いろいろな場面や状況を想定した「災害給食」について考えていきたいと思います。

6月16日 すてきな ぼく・わたし になるために

みなさんには、すてきなところがたくさんあります。

もう少し気をつけたり、直した方が いいところもあります。

スマイルでは「すてきな ぼく・わたし になるために」マナーの勉強をしました。

 

●クイズで勉強しました。全部答えられたかな?

 

      ①なにかをしてもらったらすぐに○○○を言おう

      ②相手の○を見て話そう

      ③せき、くしゃみをする時には○○をふさごう

      ④人が失敗したときなどは○○○ない

      ⑤自分のまわりを○○○整頓しよう

      ⑥友だちをなかま○○○にしない

6月15日 宮崎県のチキン南蛮

給食で日本食べ歩きの旅・6月は、宮崎県のチキン南蛮でした。

 

高等部2年生では、写真を撮る際「はいチーズ」ならぬ「チキンなんばぁ~」のかけ声でパチリ(写真左)。タルタルソースをたっぷりかけておいしそうです。現場実習からもどり、久しぶりの給食を楽しんでいました。

 

チキン南蛮は、から揚げのように油で揚げたものと、オーブンで焼くものとあるようです。給食ではオーブンで焼く方が登場しましたが、ちゃんとお伝えしなかったので、あれっ?と思われたクラスもあったようでした。ごめんなさい。またの機会に、から揚げバージョンを作りますね。

 

さて、給食室前の投票箱には、次なる食べ歩きの旅・7月の投票が行われています。そろそろ結果の発表です。

6月12日 調理員さんのおかげです

6月も半ばになり、1学期の給食も残すところあと1ヶ月となりました。

この日は給食室で調理員さんたちが、これまでに作った給食の写真を見ながら振り返りをしました。みんなが授業でする振り返りと同じです。

 

「この日は忙しかった~。でも子どもたちに大好評だったね。」

「この時のにんじんは、いちょう切りで正解。」

「最後の盛り付けまで大切にしよう。」

など、自分たちが作った給食を、子どもたちに届けられる喜びや責任を改めて感じていました。

 

いつもおいしい給食が食べられるのは、調理員さんたちのおかげです。

来週からの給食がまた楽しみですね。

5月15日 がんばれ運動会!応援給食

いよいよ明日は運動会です。

毎日、一生懸命練習してきたみんなが、どんな姿を見せてくれるのか、今からワクワクとても楽しみにしています。

 

今週は、給食室も運動会応援週間でした。

火曜日予行練習の日は、今流行りの「にぎらず弁当」を作りました。

金曜日は「赤白 どっちがカツカレー」、カツと勝つかけています() 

 

給食をしっかり食べて、エネルギーも満タンですね。運動会、大いにがんばってください。応援しています。

5月8日 グリンピースのさやむきをしました

5月のスマイルは「旬の食材を知ろう~食育体験・豆~」ということで、グリンピースのさやむきをしました。

 

観察ポイントは3つ

いくつ入っているかな?

②どんな形、色、においかな?

③豆のおへそが見えたかな?

 

中学部、高等部だけでなく、小学部は組さんも朝の勉強の時間に体験しました。やさしくていねいに食材に触れる姿が印象的でした。1つのさやの中に9個も入っていたものもあり、驚いていました。(詳しくは各学部のHPをご覧ください)

むいた豆は給食に「グリンピースご飯」として登場しました。「おいしい」「おかわり!」の声があがり、また、苦手な生徒もがんばって食べる姿には、思わず拍手があがりました。

5月7日 クイズ 答えは「お○○」?

5月のスマイルクイズです。

「みんなのからだにもあって、豆にもあるものはんだ?」

答えは「おへそ!」 少し難しかったでしょうか?

 

みんながお母さんのお腹の中にいる時は、へその緒を通してお母さんから栄養をもらっていました。おへそは、そのへその緒がとれた痕です。豆も同じです。栄養をもらっていた管がとれ、その痕におへそがあります。

 

いろいろな種類の豆でおへそを発見!

実はこの時、服をそっとめくって、自分のへそと豆のへそを見比べているほほ笑ましい姿もありました。最後にグリンピースのさやむきをしながら、よく観察してみました。

 

これぞ健康教育と食育のコラボ、スマイルならではの勉強となりました。

5月7日 第1位 神奈川県のしらす丼

給食で日本食べ歩きの旅・5月は、神奈川県のしらす丼が第1位となりました。

続いて鹿児島県の鶏飯、北海道の豚丼でした。

 

朝には魚屋さんから獲れたてのしらすが届き、給食室も準備万端!しらすのうま味が逃げないように蒸しあげ、香ばしく炒ったごまと合わせます。たれはゴマ油としょう油をベースにしました。仕上げに大葉と海苔を散らします。

 

「おいしかったです!」「神奈川県出身だから嬉しい」「年に1回は食べたい」「大葉の香りがアクセント」「たれはどうやって作るのですか」など、たくさんの声をいただきましたが、一番多かったのは「3つとも全部食べたい」でした() 確かに、その通りですね。

4月27日 「給食で日本食べ歩きの旅」スタート

今年のスマイルでは、給食をとおして日本各地の郷土料理や特産物を学び、日本の食文化に触れていきたいと思います。

  

4月は柘植校長先生の出身地、愛知県の「みそかつ」が登場しました。

揚げたてのとんかつに、八丁みそで作った甘辛いみそだれをかけていただきます。八丁みそは、いつも食べるみそよりも赤い色でしたね。

  

5月はどんぶり選手権です。

①鹿児島県の鶏飯  ②神奈川県のしらす丼  ③北海道の豚丼 

この中から、みんなの投票でいちばん希望の多かったものが選ばれます。すでにみんな投票してくれましたね。結果はもうすぐ、お楽しみに。

4月20日 中学部・歯みがき指導

学校歯科医師の加賀谷 昇先生の歯科検診を受けました。

  

検診後、中学部は歯みがき指導がありました。染め出しを行い、みがき残しのある部分を確認しました。

  

歯みがきのポイント!

 ・みがく順番を決める

 ・ほっぺた側は「イー」の口で

 ・軽い力で小刻みに

 ・同じところを10回ずつ

 ・前歯は歯ブラシを縦にして

  

給食後は勉強したことを思い出し、いつもよりていねいにみがいていました。これからも続けていきましょう。

4月16日 スマイルが始まりました

スマイルは 「やさしい心の元気な子」をキャッチフレーズに、養護教諭・栄養教諭を中心に、学校全体で取り組む「健康教育・食育」です

 

・食に興味を持ち、感謝して食を楽しむことができる

・基本的生活習慣の定着化を図る

 

これらを目標に、今年度も学習を進めていきます。

トレードマークの「スマイル君」、そして、昨年大塚の子どもたちの作品から生まれた食育キャラクター「ごこくクン」共々、1年間よろしくお願いします。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba