中学部

平成30年度 トピックス

中学部トピックス No.17

『中学部ご卒業おめでとうございます!』

 

 3月15日の卒業式では、3年生6名が立派に卒業しました。

 今年の3年生の学級スローガンは、「まじめがかっこいい!」でした。3年生の6名は、一つ一つの学習や行事にひたむきに向き合い、真面目にコツコツと取り組む生徒たちでした。何事にも真面目に取り組む姿勢や誰に対しても優しく接する姿は、下級生たちの手本となりました。

 高校生になっても一人一人の良いところを伸ばし、中学部で学習した事や経験した事を自信にかえて、新しいことにもチャレンジしていってほしいと思います。これからも中学部の生徒たちの目標として頑張ってください!

中学部トピックス No.16

スキー合宿が終わりました!

たくさんの思い出ができました。そして何より学校を離れた場所でのスキー体験と宿泊学習の機会は、生徒一人一人を成長させてくれました。目標に向かう力、生活する力、自立心、ひとまわり大きくなった生徒の姿をたくさん褒めてあげたいと思います。

中学部トピックス No.15

スキー合宿2日目

滑って転んでまた滑る。笑って泣いてまた笑う。生徒みんなが時間を忘れて雪遊びやスキーを楽しみました!

中学部トピックス No.14

中高等部スキー合宿が始まりました!


群馬県片品村の尾瀬岩鞍スキー場の天気は雪。気温氷点下3度!高気圧に覆われて真っ青な東京の空とは対照的な白銀の世界に生徒達は大興奮!楽しいスキー体験の予感と期待に胸躍る初日がスタートです!

 初日の午後は、さっそくA班からE班まで5つの班に別れて活動しました。

 A班B班は、ソリ遊びやスキーブーツを履いて歩行の練習をしました。C班は、緩斜面に人工芝を敷いた貸切ゲレンデで繰り返し制動の練習です。自分で板を担ぎ、何度も斜面を登って滑りました。開閉器やハーネスなしで制動ができるようになったらリフトに乗って緩斜面の滑走にチャレンジです。D班の目標は、一人でリフトに乗り、プルーク姿勢でのトレーン(前の人の後について)滑走をすることです。E班では、ボーゲンから板を揃えて滑るパラレルターンの習得を目指します。E班は初日から何度もリフトに乗って練習しました。

 夕食後のミーティングでは、動画や写真を視聴しながら明日の目標を確認しました。生徒達は疲れた様子もなく、やる気満々です!

中学部トピックス No.13

修学旅行3日目、無事に帰ってきました!

本日は、琉球村へ行き沖縄の衣装を着て撮影をしたり、紅型の染め物体験をしたりしました。予定していた飛行機が欠航することがが分かり、ホテルに延泊をする手続きを進める一方で、飛行機のキャンセル待ちをする為、那覇空港に向かいました。運良く13時20分の飛行機に乗れることになり、東京へ帰って来ることができました!色々ありましたがみんな元気です!

中学部トピックス No.12

青い空!青い海!沖縄修学旅行!


1日目の沖縄は、天候にも恵まれて汗ばむ陽気となりました。
那覇空港に着いてから、予定通りに島尻特別支援学校に行き、一緒にダンスを踊ったり、エイサーの衣装を着て太鼓を叩いたりして交流をしました。


その後は、首里城公園の見学をしてからホテルに到着しました。
ホテルでは、スイーツバイキング、海水浴、夕食、入浴をして、元気に修学旅行の一日目を過ごしていました!

 

修学旅行の2日目は、雨が降ったり、晴れ間が出たりして、天候が変わりやすい一日でしたが、外へ出ると雨が止み、ほとんど雨に降られずに活動することができました。
台風の影響を考慮して本日も日程を一部変更。瀬底島、今帰仁城、美ら海水族館の見学をしました。美ら海水族館では、ジンベイザメが優雅に泳ぐ様子をみんな興味深く眺めていました。夜に予定していた、民謡コンサートは、出演者の方が早めに飛行機で出かけることになり、キャンセルになりました・・・残念。


明日は、琉球村と育陶園に行き、東京へ帰る予定です。

中学部トピックス No.11

『附属高校との交流会〜桐陰祭〜』 9月8日

 

 9月8日の附属高校の『桐陰祭』に向けて、8月20日に第2回目の交流会を実施しました。午前中は、本校で合奏と合唱の練習を行い、午後は、附属高へ移動して校内見学とダンス部の生徒たちにダンスを教えてもらい、一緒に踊って楽しみました。

 第3回目の交流会『桐陰祭』では、造形作品展示や作業製品の頒布、模擬店の見学や買い物、そして、育鳳館で附属高の生徒と合同で、合奏と合唱のステージ発表をしました。

今回の交流会では、附属高の交流委員の皆さんだけではなく、吹奏楽部をはじめ多くの高校生たちが大塚Tシャツを身に付けて、共に製品頒布の手伝いやステージ発表に参加してくれました。また、筑波大学附属学校で夏休みに実施している「黒姫共同生活」で深めた交流の輪が広がり、附属駒場高校や附属桐ヶ丘特別支援学校の生徒の皆さんも作業頒布会場に来て、附属高校や大塚の生徒、教員との再会を喜ぶ姿も多く見られました。

中学部トピックス No.10

合同生活「私たちの東京プレゼンテーション」① 

 

 今年度の中学部は「生徒の『願い』を深めるための授業づくり」というテーマで研究を進めています。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。そこで、生徒の興味関心、願いや思いを反映させた学習グループを編成し、自分たちの住む東京の魅力を調べて、体験したことをまとめ、みんなの前で発表するといった一連の学習を繰り返しながら、生徒の願いを深めていくことをねらいとして取り組んでいます。

 

 今年度は、学習グループを編成する際にアンケートの選択肢や提示方法、生徒の実態に応じた手立て、実施時期や回数等を検討し、「乗り物」「食べ物」「物づくり」「生き物」「芸術」の5グループに絞り、この中から自分が学びたいものを選択しました。

 第1期は、「乗り物」「食べ物」「生き物」「芸術」の4グループで学習することが決まり、グループごとに学校周辺で体験学習をして発表をし合いました。「乗り物」グループは、東京メトロ丸ノ内線の後楽園駅構内の見学及び周辺の見学をして、興味のある乗り物や掲示板等、ペアで交代しながら写真を撮りました。「食べ物」グループは、茗荷谷にある和菓子店「一幸庵」へ行き、和菓子作りの見学や試食をしました。「生き物」グループは、礫川公園と小石川後楽園へ行き、生き物の観察をしました。「芸術」グループは、源覚寺(こんにゃくえんま)へ行き、閻魔様のスケッチや由来について、聞いてきました。

 その後は、各グループで校外学習のまとめをして、みんなの前で発表をし合いました。発表を聞いてから、第2期の学習グループについて、一人一人の願いをアンケートで調査しました。2年生や3年生は、昨年度の学習の積み重ねが感じられて、いくつかのグループの選択肢の中から、自分の思いや願いをもとにして、選択して決めて、自分の気持ちを伝えることが上手になっていきているように感じます。この学習を積み重ねることで、生徒達がどのような姿を見せてくれるのか、とても楽しみです。

中学部トピックス No.9

『第1回 附属高等学校との交流会』7月17日 

〜今年もよろしくお願いします!〜

 

 中学部では、附属高等学校交流委員の皆さんと交流しています。この交流会では、①人と関わる力ややりとりをする力を高めると共に同じ筑波大学の附属学校という意識を高める。②文化祭交流を通して、社会的な行事や活動への参加を経験する。③本校生徒の作品や作業製品を附属高校の生徒や一般参加者へのアピールする機会とする。④ステージ発表で合同演奏することを通して、附属高校との音楽交流を深めることをねらいとして取り組んでいる。

 

 第1回の交流会では、自己紹介をしてから、中学部の生徒と高校生の混合チームを4チーム編成し、総当たり戦で風船バレー大会を行いました。最後は、9月の『桐陰際』(附属高校の文化祭)でのステージ演奏に向けて、一緒に合奏と合唱の練習をしました。

 昨年度から交流している生徒も僅かにいましたが、ほとんどの生徒が初対面であった為、初めはお互いに緊張して、表情が硬かったり、言葉を交わすことが少なかったりしていました。ゲーム活動や音楽活動を通して、少しずつ打ち解けている様子が感じられました。これからの交流を通して、どのように生徒たちの姿が変わっていくのか楽しみです。

 

中学部トピックス No.8

『校外学習③:テーブルマナー講習』7月5日 

〜最上級のおもてなしとプロの技に触れて〜

 

 今回の校外学習では、①接客の専門家から食事のマナーについて学び、楽しく食事の時間を過ごすためのマナーについて知る ②先輩(本校卒業生)の働く姿を実際に見て、卒業後の進路を考える機会とする ③公共交通機関利用についてのルールーやマナーを身につけることをねらいとして、本校の卒業生を採用していただいているホテル「ザ・ペニンシュラ東京」のご協力のもとで、テーブルマナー講習を実施しました。

 

 「ザ・ペニンシュラ東京」に到着後、人材開発部相談役の中谷様の案内で、ホテルの高層階へ行き、景色を楽しみました。新幹線が行き交う様子やスカイツリーを見ることができました。講習会場に戻ってからは、本校の卒業生3名を含めた特別支援学校卒業の先輩方から、直接仕事を教えていただきました。本校卒業生のAさんからは、シャンプーやトリートメント容器の補充作業、Bさんからは、使用済みの切手をハサミで切り取る作業、Cさんからは、シール貼り作業、その他には、タオルのたたみ作業、牛乳パック切り作業、スタンプ押し作業等、先輩方が実際に手本を示してもらいながら仕事体験をさせていただきました。中学部の生徒達も先輩の真剣な姿に引き込まれるように集中して取り組む様子が見られました。

 

 いよいよテーブルマナー講習が始まりました。今回用意して下さった食事メニューは、

スモークサーモン シーチキン 生ハム ローストビーフのメリメロサラダ

皆が大好きパンプキンポタージュ

〜スペシャルランチプレート〜

ハンバーグステーキ 茸入りホワイトソース

ミニオムライス エビフライ フライドポテト

季節の温野菜

ザ・ペニンシュラ東京 オリジナルマンゴープリン

パン 紅茶

 

 円卓にコース料理が順番に運ばれてからは、スタッフの方が食事の仕方について、手本を示して下さり、その様子が大きなスクリーンに映し出され、生徒達は、その手順を手掛かりにしながら、食べるときのマナー(フォークやナイフの基本的な使い方、食事を終えた時の合図、困ったときの対処方法)等について学びました。そして、「テーブルマナー」は、思いやりの心を持って、みんなで楽しく食事をするためにあることをスタッフの皆さんから教わりました。高級感漂う素敵な会場に緊張していた生徒もいましたが、スタッフの皆さんが温かく一つ一つ丁寧に教えて下さったおかげで、生徒たちも戸惑うことなく安心して食事をすることができました。貴重な学習の機会を作って下さったホテルの皆様に改めて感謝いたします。

中学部トピックス No.7

『校外学習:高尾山2回目』6月22日  〜一歩一歩着実な足取りで登頂成功!〜

 

 今年度2回目の高尾山は、お天気に恵まれて絶好の登山日和となりました。「稲荷山コース」「1号路コース」「ケーブルコース」の3つのグループに分かれて、山頂を目指して登りました。3年生が先頭を歩き、下級生を先導してくれました。前日まで雨が降っていて、足下がぬかるんでいたり、滑りやすくなっていたりしている所がありましたが、一歩一歩しっかりとした足取りで歩き通し、全員が登頂することができました。山頂では、学年や登山グループの枠を越えて、みんなで和気藹々と楽しく昼食を食べました。その後、3つのグループに分かれて、安全に気をつけながら下山し、買い物学習では、好きな物を選んで購入しました。気力や体力が充実した一日になりました。

中学部トピックス No.6

『校外学習:高尾山1回目』5月24日 〜新緑の美しい高尾山〜

 

 中学部では、①健康な体つくりと体力の維持・向上を目指す。②自然と親しみ、様々な事に興味関心を持つ機会を作り、将来の余暇活動の幅を広げる。③公共交通機関や施設を利用する上でのマナーを学習する。④自分で好きな物を選んで購入する等、金銭のやりとりを経験する。これらをねらいにして、高尾山登山を実施しています。

 

 校外学習の前日には、事前学習として『高尾山』について学習しました。昨年度までの高尾山登山の写真やビデオ見たり、高尾山に関する事を3択クイズにして学習したりしました。

 

 高尾山登山当日は、天候が心配されましたが、朝には晴れ間がのぞき、活動しやすい登山日和となりました。今回は1年生から3年生まで、全員がケーブルカーを利用して、学級毎にまとまって歩き、山頂を目指しました。山頂では、記念写真を撮ったり、中学部全員で一緒にお弁当を囲み食べたりして過ごしました。

 下山は1号路を歩いて麓を目指して出発しましたが、下山途中から辺りの雲行きが怪しくなり、雷鳴が聞こえてきた為、急遽予定を変更して、全員ケーブルカーで下山しました。

 下山後は、アイスクリームや天狗焼き(高尾山の名物)等、生徒達がそれぞれ自分で選んで買った物を味わいました。最後に、高尾山駅にある『高尾599ミュージアム(TAKAO 599 MUSEUM)』へ寄り、展示物を見て帰ってきました。ミュージアムを出発する頃には、雨もすっかり止んで、急な雷雨からも難を逃れることができました。

 今回は、新緑の美しい高尾山登山を楽しんだり、ミュージアムで高尾山の自然や動物について学んだりして、充実した校外学習となりました。

中学部トピックス No.5

『運動会』〜心に響いた生徒たちの姿〜

 

 「大塚エイサー2018 〜ひびけ!海と空と大地〜」では、全員が心を一つして掛け声をかけ、腕や脚の動き、太鼓を叩くリズム、目線等、一人ずつ目標を意識しながら見事に発表しました。また、「紅白リレー」では、最後まで諦めずにバトンを繋げて、躍動感のある走りを見せてくれました。閉会式は、3年生が自分の役割をしっかりと果たしながら務め、心に響く感動的な運動会になりました。

中学部トピックス No.4

『新入生歓迎会』〜小石川植物園〜

 

 4月27日は、中学部『新入生歓迎会』を行いました。小石川植物園へ向かう途中、買い物学習として、自分の弁当を購入しました。植物園へ着いてからは、中3の生徒が中心となり、歓迎会の司会進行を務めました。一人ずつ自己紹介や中3の生徒が考えたクイズやゲーム等に取り組み、楽しい一時を過ごしました。会の終わりには、2年生からオーブン粘土で作ったキーホルダー、3年生からは、絞り染めのバックが1年生へプレゼントされると、大事そうに抱えて嬉しそうにしていました。他学年の友達の名前も覚え、一緒に学習をしていく中で、交流の輪が広がってきています。

中学部トピックス No.3

『働く消防写生会』 

 

 毎年恒例の『働く消防写生会』が行われました。小石川消防署のご協力を得て、本物の消防車を目の前にしながら、消防車の絵を描きました。車体の形や色、装備素材、消防士の方等、生徒たちの描く視点が様々で、消防車に近づいて良く観察したり、教員が撮影した消防車の写真を手元で確認したりしながら、個性溢れる消防車を描きました。 

中学部トピックス No.2

『運動テスト』

 

 年度初めの運動テストを2日間に渡って実施しました。1日目は体育館で「握力」「背筋力」「バランス」「長座体前屈」「反復横跳び」「上体起こし」「立ち幅跳び」の7種目をクラス毎に交代しながら行いました。2日目は、グランドで「50m走」「ソフトボール投げ」「トラック2周走」の3種目を行いました。1年生は、初めて行う運動もありましたが、教員や上級生の姿を良く見て取り組むことができました。2年生と3年生は、昨年度の記録を超えられるように目標を掲げて取り組み、記録更新の度に歓声が沸き上がっていました。

中学部トピックス No.1

『素敵な出会い』

 

 今年も6名の元気な仲間が入学し、18名の中学部の生徒が勢揃いしました。

 

 入学当初日、少し緊張していた1年生も日ごとに学校生活に慣れて、中学部の学習に進んで参加しています。2年生・3年生も1年生の入学式を楽しみにしていました。学年が一つあがり、1年生の手本となれるように意欲的に活動しています。

 

 4月初めの部集会では、簡単な自己紹介をし合ったり、ゲームをしたりして交流しました。2回目の部集会では、中学部の生徒会役員の紹介と役員の生徒たちから挨拶がありました。お互いの良さを知り、高め合える仲間作りをしていって欲しいと思います。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba