小学部

小学部について

笑顔いっぱい小学部

 

はな組(1・2年生) つき組(3・4年生) そら組(5・6年生)

 学童期は、子どもたちにとって学校生活の中でも一番長く、発達の著しい時期です。小学部では、入学から卒業までの6年間、保護者のみなさまと共に子どもたちの成長を願いながら教育支援の充実をはかり、実践研究を行っています。2020年度は、はな組7名、つき組8名、そら組8名 合計23名の児童が在籍しています。

小学部のめざす子ども

  • 明るく元気に活動する、意欲的な子ども
  • 仲間とともに活動へ参加でき、心豊かな子ども
  • 自立心をもち逞しく、がんばり続ける子ども
  • 基本的生活習慣と社会性を身につけ、自ら考えて他者と楽しく活動に取り組める子ども
  • 自然・文化的な活動を通し感性を磨き自己表現を豊かにし、社会生活へ生かせる子ども
     

このように育ってほしいというのが小学部の願いです。

 小学部では、「個別の指導計画・個別の教育支援計画」に基づき、個と集団に応じて、日常生活指導と社会性の育ちに重点に置いています。
 社会生活を営む上で、集団としての質の向上をはかるために、日常生活では学級単位の活動を基本にしながら、異学年の小集団や学部全体の集団授業を設定しています。

 日常生活指導や学習活動など、生活全般を通して児童同士が互いに協力し役割を持つようにしています。子どもたちが、「本物」の教材や事物、経験にふれることができるよう、日々の活動を工夫しています。また、インクルーシブ社会へ向けて、「多様な学びの場」を設定して、他校との交流・協同学習を積極的に実践しています。主な相手先は、筑波大学附属小学校や、異年齢である筑波大学附属駒場高校との交流を継続しています。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba