幼稚部

幼稚部公開研修会

平成29年度 大塚特別支援学校 公開研修のご案内

 幼稚部では2017年度も平成29年7月28日(金)、7月29日(土)の二日間に渡って、保育士・幼稚園教諭・教員・介助員・施設指導員・学生の皆さん向けの公開研修「特別な支援を必要とする幼児の理解と保育」を行います。

 

     日時:平成29年7月28日(金)~7月29日(土)

 

     主催:筑波大学附属大塚特別支援学校

 

 

 現在、幼稚園、保育所には特別な支援を必要とする幼児が多数在園しています。担当された保育者の皆様は、指導に悩み迷いながらも、対象のお子さんのよりよい成長発達のために日々努力されていらっしゃることと存じます。本校幼稚部は知的発達障害のある子どもたちの就学前の教育機関です。これまでの実践研究で積み上げてきたものを皆様と共有し、保育実践の一助としていただくことを願い、この研修を企画しました。保育参観、実技、講義、そして具体的対応等についての意見交換や“みんなで楽しめる教材や支援ツール作り”を行います。日頃の実践に結びつく実りある研修にしたいと考えています。どうぞ、ふるってご参加下さい。

 

【募集対象】保育士、幼稚園教諭、教員・介助員・施設指導員、学生の皆さん 

 

【募集人員】40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

 

【日程と研修内容:1日目( 728 [] 9:30 ~16:00 )、2日目( 729[] 9:30 ~16:00 ) 】

【受講料】 3,500円(1日のみの参加は2,000円)

*連続した内容ですので、できるだけ2日間通して、お申し込み下さい。

*受講料は、当日、受付にて申し受けます。

 

【会 場】筑波大学附属大塚特別支援学校(案内図をご確認下さい)

      住所:〒112-0003 文京区春日1-5-5

 

〔最寄駅〕:東京メトロ丸の内線、南北線 後楽園駅(徒歩10分)

      都営三田線、大江戸線    春日駅 (徒歩12分)

      JR線           飯田橋駅(徒歩13分)

      都営大江戸線         〃  (徒歩15分)

      東京メトロ有楽町線      〃  (徒歩15分)

            東西線       〃  (徒歩15分)

            南北線       〃  (徒歩15分)

 

 

【申込み方法】

 

*ウェブ申込み

*FAX 〔申込書に必要事項をご記入の上、FAXにて ご送信下さい。〕

 

 

*申込み 締め切り … 7月20日(木)

*締切日間近の場合には、あらかじめ下記申込み先にお問い合わせの上、お申込み願います。

*受付後に電話・FAX等で確認のご連絡を入れさせていただきます。4~5日経過しても返信がない場合は下記まで、お問い合わせ願います。

 

 

【申込み・問い合わせ先】*お問い合わせは、土・日・祝日を除く 14:00~17:00にお願い致します。

 

〒112-0003 東京都文京区春日1-5-5  

筑波大学附属大塚特別支援学校  幼稚部主事:居林 弘和

TEL:03-3813-5569   FAX:03-5684-4841

03-3813-5643 ( 幼稚部直通 )

 

申し込み受付フォーム

 

FAX申込書

平成28年度 幼稚部公開研修会を開催

平成28年度 幼稚部公開研修会を開催致しました。下記のリンクから研修の様子をご覧いただけます。

平成27年度 公開研修の様子

“ 平成27年度 幼稚部 公開研修会が開催されました。”

 

 

7/24(金)~25(土)の2日間、「特別な支援を必要とする幼児の理解と保育 ~よりよい支援のための実技と演習~」のテーマで、研修会が実施されました。近隣の方々のみならず、広島や岐阜など 全国各地から、幼稚園・保育園・療育機関・小学校・特別支援学校等、様々な現場で活躍されている皆さんに ご参加いただき、有意義な情報交換をしたり、教材・支援ツールを作ったりする機会をもつことができました。皆様方、ほんとうにありがとうございました!!

今回の研修で作った教材、学んだこと、参加者の方々から得られた情報などが、現場での取り組みに活かされることを願っています。私たち幼稚部スタッフも、今回の研修会や日頃の保育を振り返り、試行錯誤しながらも、子どもたちといっしょに成長していけるよう努めていきたいと思います。

研修会の様子{ 保育参観(あつまり、造形あそび『和紙のくしゃくしゃ染め』)、グループワーク、教材紹介、講演「幼児期に大切にしたいこと」、教材・ツール作り、製作教材をもとにした情報交換 }について、写真で紹介いたします。

前年度(平成26年度)公開研修の様子

幼稚部公開研修

725日(金)・26日(土)の2日間、幼稚部公開研修が開催されました。

 

今年度は、

 

特別な支援を必要とする幼児の理解と保育

~よりよい支援のための実技と演習~

 

をテーマに、子ども達の指導や対応における悩みや支援についての研修を行いました。

 

1日目

午前中に幼児のあつまりや造形あそびの様子を参観した後、午後は二つのグループに分かれ、幼稚部の授業等に関する質疑応答や参加した方々の日頃の子ども達の対応における悩みや工夫点を一人ずつ出し合いながら様々な協議をすることができました。

 

2日目

午前は、大蔵みどり先生(前本校幼稚部主事)による「教材・支援ツール作りと保育環境の配慮について」の講話後、文京区立後楽幼稚園さんを訪問し実際の保育環境やたくさんの支援ツールを紹介して頂きました。午後からは、幼稚部で使われている教材・教具等を参考にしながら各自で支援ツール作りに取り組みました。研修の最後に、各自が製作した支援ツールの発表会を行い全員で共有することができました。

 

参加した方々の抱える悩みや工夫点について情報を共有しながら様々なアイディアを出し合うことや研修後すぐに実践に活かすための支援ツール作りができましたよ!!

 

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba