中学部

平成26年度 1学期トピックス

7月25日 中学部トピックス

学部研究をしました!

 

 生徒の夏季休業が始まった今週、全校研究会と学部研究会、外部講師を招聘した研修会が行われました。

 今年度、中学部では、以下3つの方針に基づいて研究を進めています。本日は、1学期に実施した「生活」のゲーム的活動について振り返り、今後の展開について協議をしました。これまで、学年単位で行っていたゲーム的活動は、2学期から縦割り2グループに編成することになり、その検討を行いました。

 担任は、「生活」の学習で期待する生徒一人一人のねがいを付箋に書き、ホワイトボードに掲示しながら全員でねがいを確認し合いました。つづいて、一人一人のねがいに応じて指導の手だてを検討しながらグループを編成していきました。

 夏休み中に、指導計画を立案し、9月に新しいゲーム的活動がスタートします!

研究方針

1)指導計画改善のための単元の評価および授業改善のための授業・個の評価についての整理・検討をおこなう。

2)4つの観点(集団活動、仲間意識、役割、振り返り)における系統的な学習内容の整理・検討および生徒の育ちの整理をおこなう。

3)学習内容表、個別教育計画、指導計画集を用いた単元デザインのプロセスを検討する。

解説:

1)については、日々の学習指導をどのように評価し、計画の見直しや授業の改善をするための方法について検討します。

2)については、お互いを認め合い、励まし合う仲間関係を育むための段階的な学習内容のあり方について検討します。

3)3つの教育的ニーズ(学習内容表、個別教育計画、指導計画集)に基づいて計画する単元のプロセスを明らかにします。

 

研究方法

方針1)本校の学習内容表「関係の形成と集団参加(人間関係)」項目を中心に指導計画について整理・検討し、各学年段階の系統性や他の授業(生活・音楽・体育)との関連を明らかにする。

方針2)中学部の仲間関係を育む授業づくりにおける4つの観点から、「集団活動」「役割」「振り返り」に関連する学習内容および指導手立てと、それによる生徒の「仲間意識」の育ちについて、各学年段階の系統を検討する。また、各段階の生徒を抽出しケース検討をおこなう。

方針3)昨年に引き続き、単元をデザインする過程での学習内容表、個別教育計画、指導計画集の活用について、授業作りのプロセスにおいて検討する。

解説:

1)「生活」「音楽」「体育」の授業を通して指導している人間関係(社会性)を育む学習内容について整理いたします。

2)「生活」のゲーム活動を通して、各学年段階でとりあげている学習内容と具体的手だてについて「集団活動」「役割」「振り返り」の3つの観点で整理します。

 3学年における「仲間関係」の育ちのエピソードを蓄積し、社会性の育ちを発達的な観点で整理します。

3)中学部で展開する全ての学習指導計画を通して検討します。

7月22日 中学部トピックス1

1学期が終了しました!

 

 18日(金)1学期の終業式が行われました。

 クラスでは、1学期の振り返りの活動として、今学期自分が頑張ったことや友達が頑張ったことを発表し合いました。

 生徒達は、教員と同じように一人一人の頑張りを評価する様子が見られ、日々の振り返り活動の積み重ねによる成果を実感いたしました。

7月22日 中学部トピックス2

2年生がスイカの収穫をしました!  

 

 2年生は、待ちに待ったスイカの収穫をしました。生徒が包丁を入れると小玉ながらも実がたっぷり詰まったみずみずしい赤と黄色のスイカでした。試食した生徒は、その甘さ驚きの表情をしていました。

7月18日 中学部トピックス

附属高校交流会を行いました!

 

 17日(木)附属高等学校と交流会を行いました。

 今年は生徒会交流委員会16名とオーケストラ部6名の計22人が本校に来校し、9月に行われる附属高等学校文化祭(桐蔭祭)のステージ発表に向けた合同音楽と風船バレーボールをしました。

 

 プレイルームで附属高校の生徒達を待っていた大塚の子ども達は、拍手と歓声で賑やかに出迎え、お互いに顔を覚えていた生徒達は、笑顔で喜びを表現していました。

 まずは、自己紹介カードを使って全員が名前や好きなことを紹介すると、お互い熱心に話を聞いていました。

 

 合同音楽では、昨年に引き続き「Believe(作詞作曲:杉本竜一)」と今年新たに作詞した「ドレミのうた~大塚中学部ヴァージョン作詞:大塚特別支援学校中学部, 作曲:O. Hammerstein IIR.Rodgers」の練習をしました。

 合奏は、附属高校オーケストラ部有志7名の楽器、バイオリン、クラリネット、トロンボーン、ホルンが加わり、とても深みのある楽しい合奏となりました。音楽の時間以外に朝の運動の時間や、生活の時間を割いて何度も練習を積み重ねてきた大塚の生徒達。今日はその発表の場でもありました。緊張しながらも精一杯演奏する姿がとても印象的でした。

 「いっしょに演奏できてとてもうれしい」と感想を述べた3年生のTさんは、この日をとても楽しみにしていました。Tさんの奏でるグロッケンは、いつもに増して自信に満ちていました。

 

 つづく「ドレミのうた」は、みんなで考えた振り付けがあります。附属高校の生徒達は、大塚の子ども達の賑やかで迫力のある表現に巻き込まれ、楽しく歌う姿が見られました。

 合同音楽の後は、体育館に移動して風船バレーボールを行いました。今回の対戦は、各クラスが附属高校の3チームと対戦し、3試合の合計点で勝負を競いました。結果、1試合目の1年生は同点、2年生は1点差でリード、ところが3年生がまさかの逆転で中学部が負けてしまいまいた。毎週練習してきた中学部としては、とても悔しい結果でした。

 

 今回の交流では、8月27日に行われる2回目の交流会についての話し合いも行いました。各クラスに配属された附属高校の生徒達は、大塚の子ども達の希望を聞きながら昼食や午後の企画を考えました。

 1年生と2年生は、後楽園(ラクーア)方面での昼食と散策、3年生は、自分たちで買い物をして昼食を作る企画を考えました。今回初めての試みとなる「一緒に考える交流会」。どんな夏の思い出ができるか楽しみです。互いに期待感を抱きながら1回目の交流を終えました。

7月15日 中学部トピックス1

夏休みの過ごし方について学習しました!

 

 15日(火)中学部合同「生活」の時間に夏休みの過ごし方について学習しました。

 2年生の教室に集まった生徒達は、電子黒板と学習シートを使って、中学生らしい生活について考えたり、家庭での役割や体力づくりについての目標を考えたりしました。

 どの生徒も前向きに取り組む姿が見られており、電子黒板のスライドをよく見て学習シートに記入することができました。

7月15日 中学部トピックス2

夏野菜がいっぱい!

 7月に入ってからは、中学部で育てている夏野菜を毎日収穫しています。家庭に持ち帰った生徒は、さっそく夏野菜を使った夕食を作ってもらっているようです。

 7月9日(水)に行われた今月のスマイル(健康食育教育)では、夏野菜の学習をしました。生徒達は、たくさんの野菜を観察し、夏野菜は体温を下げることや夏バテによく効くということなどを学びました。

 そして、この日の給食は「夏野菜カレー」。みんなたくさんお替わりをしていました。

7月15日 中学部トピックス3

「ごこくくん」を食べました!

 

 7月14日(月)の給食メニューは「五穀ごはん」でした。本校食育キャラクターでおなじみの五穀米を使ったメニューに生徒達は興味津々。噛むたびに甘みを感じる五穀米に「おいしい!」と大好評でした。

7月11日 中学部トピックス

台風一過!ボウリングに行ってきました!

 

 11日(金)台風8号の影響で予定していた高尾山登山は、雨天案のボウリング大会に変更になりました。

 会場の後楽園ボウリングセンターは、学校から歩いて15分ほどの場所にあります。今回は、1月の新春ボウリング大会以来、久しぶりのゲームでした。

 1年生は、初めて経験する生徒が数名しましたが、「面白い!」「楽しい!」といった感想が聞こえてきました。

 全員が2ゲームを行った総合成績は、3年生が貫禄の1位(、2年生が2位、1年生が3位でした。1月に行われた新春ボウリング大会では、3位だった3年生、今回は念願の優勝で大喜びでした。1・2年生は、今度こそ負けないと闘志を燃やしていました。

 生徒達は、自分の得点を喜ぶだけでなく、友達がスペアやストライクをとるたびにハイタッチをして一緒に喜んだり、惜しくもピンが残ってしまった時にはドンマイと声を掛けたりしていました。大塚の中学部らしい仲間同士の支え合いが見られ、とても充実した校外学習となりました。

7月8日 中学部トピックス

進路校外学習に行ってきました!

 

 8日(火)中学部3年生と高等部1年生が合同で進路校外学習が行われ、午前は第一生命チャレンジド株式会社、午後は文京区大塚福祉作業所の見学をしてきました。

 

第一生命チャレンジド株式会社は、JR田端駅から徒歩2分ほどの所にある大きなビルに会社があります。とてもキレイなオフィスで生徒たちはやや緊張気味でした。

様々な事業部がある中、今回は印刷グループと書類発送グループを見学させてもらいました。生徒達は、見学をしながらメモをとり、見たり聞いたりしたことをワークシートにまとめました。担当の職員の方に、今からつけたほうがいい力について伺ってみると、「様々なことを経験し、なんでも一生懸命やること」とおっしゃられました。

 

文京区大塚福祉作業所は、大塚四丁目バス停から歩いて3分ほどのところにありました。担当の職員の方が、始めに「就職するのに必要な力って何か?」というお話をされ、①あいさつ、②時間を守る、③ルールを守る、④友だちと仲良くする、⑤身だしなみを整える、ことが大切だということを聞きました。

先日、マナーについて学習ばかりの生徒達は、少しハッとしていました。その他に給料についてのお話いただきました。作業所内では、チラシ折りや封入作業、本のカバーかけなどの仕事の様子を見学させてもらいました。1枚の作業につきどれだけの給料がもらえるのかについての話にみんなは興味津々でした。午後もワークシートにたくさんメモをとる生徒も見られました。

 

今回の見学を通して、将来の働く生活をイメージし、これからの学校生活や家庭生活の中でどのようなことに心がければよいかについて考えていきたいと思います。

7月4日 中学部トピックス1

中学部の「ドレミのうた」が完成です!

 

 「音楽」で取り組んでいる「ドレミのうた~大塚中学部ヴァージョン(作詞:大塚特別支援学校中学部, 作曲:O. Hammerstein IIR.Rodgers」が完成しました。生徒達から募集した「ド・レ・ミ」で始まる言葉を紹介し、大塚特別支援学校の中学生らしい歌詞をみんなで選んでいきました。完成した「ドレミのうた」は、楽しくユーモアあふれる歌詞になりました。

 

「ドレミのうた~大塚ヴァージョン」

 

ドは  「東京ドーム」の ド (カキーン!)

レは  「レストラン」の レ (いらっしゃいませ!)

ミは  「未来」の ミ 

ファは 「ファンレター」の ファ

ソは  「ソーラン節」(はい!はい!)

ラは  「ライオン」の ラ (ガオー!)

シは  「新幹線」 (ビュワーン!)

さあ うたいましょう

 

 今年の「音楽」では、「ドレミのうた」を題材にした様々な表現活動に取り組み、11月の大塚祭で発表する計画をしています。今からとても楽しみです。

7月4日 中学部トピックス2

附属高等学校交流会に向けて!

 

 いよいよ9月の交流会に向けた取り組みがスタートしました。

 中学部では、5年前から附属高等学校交流委員会生徒と交流を行っています。

本年度も附属高等学校文化祭(桐蔭祭)に参加し、中学部の作業班の製品を一緒に頒布したり、造形作品を紹介したりしながら交流を図ります。

 また、昨年度同様に合同ステージ発表も予定しています。今年の演目は、「ドレミのうた~大塚中学部ヴァージョン」の合唱と「Believe(作詞作曲:杉本竜一)」の合奏です。楽器は、ハーモニー楽器として、ハンドベル、ベルハーモニー。メロディー楽器として、キーボード、グロッケン。リズム楽器として、大太鼓、小太鼓、シンバル、カホン、マラカス、ドラ。以上の10種の楽器で演奏します。 

 先週は、生徒の希望を尊重し、オーディションによって担当楽器を決めました。自信のある楽器を選ぶ生徒がいれば、演奏したことのない楽器を選ぶ生徒もいました。これまでに数回のパート練習を行い、4日午後に全パートが集まって音合わせをしました。初めてとは思えない演奏に教員一同は大満足でした。

 17日の附属高校交流会では、本校で附属高校の生徒と合同練習を行います。どんな演奏になるか楽しみです。

7月4日 中学部トピックス3

部集会「マナーについて考えよう!」

 

 6月27日は、中学部周回で「マナーについて考えよう!」というテーマで学習しました。①衣服の着方について ②姿勢について ③言葉遣いについて ④人との距離について 以上の4つの視点で学習しました。写真やビデオなどを活用し、普段の様子を振り返りながらどのようなことに気を付けたらよいかについて、みんなで意見を出し合い、確認しました。

7月4日 中学部トピックス4

高等部 現場実習報告会に参加しました!

 

 7月2日に高等部2年生、3年生の現場実習報告会が行われました。仕事内容や目標に対する振り返りなどがしっかりと発表できていました。

 中学部の生徒達は、VTRで紹介された先輩達の働く姿を熱心に見ていました。質問コーナーでは、中3のAさんが「○○さんに質問します。僕も調理の仕事をしたいと思いました。どんなことが難しかったですか」と質問していました。各学年が、教室に戻ってから、報告会についてのまとめを行い、今から高等部の先輩達のように頑張っていこうと話していました。

7月1日 中学部トピックス

中2がキュウリの収穫をしました!

 

 中学部では、「生活」の学習で野菜の栽培に取り組んでいます。先日、中2のクラスではキュウリを収穫し、その場で食べました。採れたての野菜の味は新鮮でとてもおいしかったようです。この他に、ミニトマト、なす、ピーマン、レタス、枝豆、スイカが中学部のベランダで育っています。

 栽培の学習では、各クラスが観察記録をつけています。生徒達は、花や実の数を数えたり、大きさを測ったりしながら野菜が成長する様子を観察しました。

6月27日 中学部トピックス

中学部が取り組む「振り返り」の活動について!

 

 中学部では様々な学習の中で「振り返り」の活動を設定しています。

 現在取り組んでいる「生活(ゲーム的活動)」の単元では、ゲームの後に生徒一人一人が頑張ったことは何かについて発表し、「振り返りシート」に記入しています。

 発表する内容は、ゲームの勝敗、得点、頑張ったこと、どんな気持ちかなど生徒によって様々です。発表の方法も個々に工夫されており、口頭で発表する生徒、選択肢の中から言葉やカードを選んで発表する生徒、ICTツール(iPadや音声ペン)を使って発表する生徒など、個別教育計画の課題に基づいて様々な手がかりを用いて振り返ります。

 「振り返りシート」は、クラスごとに書式が検討され、記入の仕方も個々に工夫されています。記述するタイプや選択したシールを貼るタイプなど、こちらも個別教育計画の課題に基づいて作成しています。

 「振り返り」の活動では、今何を行ったかを思い出し、どんな気持ちだったかについて言葉や文章で表現する力が育まれます。また、何より「振り返る」経験の積み重ねによって、学習に参加する意識や動機が高まり、その結果を記憶しようと努力するようになります。また、「勝ってうれしい」「負けて悔しい」という感情をチームの仲間と共感する経験を通して、状況に応じて自分の気持ちを表現することができるようになっていきます。

 1年生は、楽しくゲームに参加し、自分の頑張りをしっかり発表できるようになることを目指しています。2年生と3年生は、自分の振り返りに加えて友達の良いところについても発表したり、振り返りシートに記入したりする機会を設定しています。友達がどのように参加していたかを振り返る機会を毎回設定することによって、生徒は一緒にゲームを行う友達の姿に注目し、ゲームに展開に応じて相手の気持ちを考えるようになります。

 週に4日取り組んでいる「運動」の学習でも「振り返り」を大切にしています。屋外のマラソンでは、一人一人が目標周回数を設定し、走り終えた後で頑張った生徒を教員が発表しています。サーキット運動では、「タイヤステーション」「腹筋・スクワットステーション」「手足ステーション」「バランスステーション」のそれぞれの種目で同様に頑張った生徒を発表しています。サーキットでは、発表された生徒が全員の前で再現し、メダルが授与されます。「よく頑張りました!」「すばらしい!」「かっこいい!」生徒達は、褒められる度に自信を持ち、次も頑張ろうという前向きな気持ちが育っていきます。

 中学部では、このような多様な評価による学習の「振り返り」を積極的に設定することで教育目標である「自信を持って主体的に学習や活動に向かう力(学部目標)」の育ちを目指しています。また、「振り返り」の活動では、自分を振り返る「自己評価」の機会、他者に評価してもらう「他者評価」、生徒同士で評価する「相互評価」といった多様な評価機会を通して、生徒が互いに認め合う関係づくりを目指しています。

 中学部では、朝の会と帰りの会も大切な学びの場として捉えています。

 朝の会では、日課の確認よりも、個人目標の発表を重視し、一人一人が今日一日、何の活動を頑張るかについて発表します。生徒は、登校後に着替えを終えると個別教育計画の課題に基づいて担任が作成した日課帳を記入します。日課帳には「今日の目標」を記入する欄があり、朝の会までに目標設定を行います。

 帰りの会では、一日を振り返る活動として位置づけ、全員が頑張ったこと、良かったことを発表します。生徒は、帰りの会までに日課帳の振り返り欄に一日の感想を記入し、発表の準備をします。

 振り返りでは、口頭で発表する生徒やカードを選択して発表する生徒、ICTツールを活用して発表する生徒など様々です。中学1年生では「振り返りクイズ」を行い、クイズ形式で今日の出来事を想起させながら発表の仕方を学んでいます。

 日直の役割がある時、ICTツールを活用して会の司会をしている生徒達は、自分の号令で会を進行する経験を積み重ねることによって、自信を持って主体的に参加する態度が育っています。

6月24日 中学部トピックス1

「生活(ゲーム的活動)」の授業研究会が行われました!

 

 本校では、各学部が年間3回の授業研究会を行っています。6月20日(金)は、午前中に3クラスが授業を発表し、午後に各クラスの授業をVTRで振り返りながら協議を進めました。

 中学部では、仲間関係を育む授業づくりに取り組んでおり、生徒の興味・関心に基づき、みんなが楽しめるゲーム活動を題材にした授業を展開しています。1年生は、フープを使った輪投げゲーム、2年生は、三種類の球を使ったボウリングゲーム、3年生は、色々な球で行うゴロ卓球ゲームをチーム戦で行いました。

 

 昨年度から学部全体で個々の主体的な活動を評価する「グッドポイント」と友達への好ましい関わりを評価する「グリーンポイント」による取り組みを始めています。「生活」で取り組むゲーム活動では、チームの勝敗に関係なくゲームの中で「グッドポイント賞」や「グリーンポイント賞」をもらえるので、積極的に取り組む姿が見られていました。

 中学部が取り組むゲーム的活動の特徴は、全員に「役割」を設定してゲームを進行していることです。生徒一人一人に役割があることでゲームだけではなく、役割を務めることが目標となります。同時に、その役割があることで、生徒はゲームをどう頑張ったか、という感想だけでなく、自分の役割をどう頑張れたかについても発表することができます。

 ゲームの後で「振り返り」の時間を長く設定していることも特徴の一つです。生徒は、自分が頑張ったことを発表するだけでなく、友達が頑張ったことも発表しています。こうした振り返りの活動によって、お互いを認め合う気持ちが育つことを目指しています。

 6月21日(土)に行われた免許状更新講習:選択講習D「附属学校実践演習」では、「生活」のゲーム活動と「サーキット運動」を公開いたしました。大勢の受講者の方々に中学部の実践を観ていただきました。

6月20日 中学部トピックス1

避難訓練を行いました!

 

 6月17日(火)今年3回目の避難訓練を行いました。

 本校では、大規模地震や火災などの災害時を想定して、避難場所へ迅速に避難する集団行動訓練を年間10回行っています。

 今回は、地震を想定した避難訓練を行いました。生徒は、緊急地震速報の放送を聞き、机の下に入って身構える、防災頭巾を被る、静かに避難するといった行動を学習しました。その後、中高等部の生徒は、体育館に移動し、災害時の行動についてDVDで学習し、災害時の約束事をクイズ形式で確認しました。

その後は起震車に乗り、震度7の揺れを体験したり、給食時に非常食の乾パンの試食をしたりしました。

 

 今回の避難訓練は、予め時間を指定して実施しましたが、10回のうちの5回は、時間不定で訓練をしています。これまでに、朝の会、授業中、屋外での活動中、作業学習中、給食中など様々な時間帯での災害を想定した避難訓練を行いました。教員は、いつどのような状況でも速やかな安全確保と誘導を行えるように訓練をしています。

6月20日 中学部トピックス2

スマイル(健康教育)の学習をしました!

 

 本校の中高等部では、毎月、保健・給食部によるスマイル(健康教育)の学習を行っています。

 養護教諭と栄養教諭が指導計画を立案し、以下の指導目標に基づいて学習を進めています。

◎ 「自分のからだは自分で守れる」子どもを育てる

◎ 「豊かな心で生活できる」子どもを育てる

 

 6月17日(火)には、4月に募集した「食育キャラクター」の審査結果が発表されました。このキャラクターは、食育をより身近なものにするために、保健・給食部で募集し、45作品の中から投票で最優秀賞と優秀賞が選ばれました。選ばれたのは「ごこくクン」というかわいい米粒のキャラクターです。

 6月のスマイルでは、中学生らしい男性や女性を目指し、日常生活のマナーや男女の適切な距離などを学びました。

 また、7月7日の給食にそうめんが出ることから、七夕の話や天の川に見立ててそうめんを食べる習慣がついたという話を聞きました。生徒は、短冊に願い事を書き、笹に飾り付けました。

6月17日 中学部トピックス

2回目の高尾山登山に行ってきました!

 

 6月13日(金)梅雨の晴れ間となった関東地方は、絶好の登山日和。真っ青な空に真っ白な雲が鮮やかに映える最高の天気の中、2回目の高尾山登山を行いました。

 

 京王線高尾山口駅に到着すると既に気温が高く、まぶしい日差しがじりじりと照りつけていました。天気予報による最高気温は31度。生徒達は少し歩くだけで汗をかいていました。

 この日は、稲荷山コースに7人、1号路コースに8人の生徒が挑みました。東の尾根を歩く稲荷山コースは前日の雨が残り、歩きにくい箇所がありましたが、スギやヒノキに覆われた山道は意外に涼しく、こまめに水分補給をしながら頂上を目指しました。誰一人として弱音をはくことなく楽しく登ることができました。

 一方、高尾山西側の巻き道を歩く1号路コースは、道幅が広く歩きやすい斜面ですが、日陰が少なくゆっくり歩いていても汗をかきます。登り始めの空は真っ青でしたが徐々に黒い雲が広がり、薬王院手前を歩いていると突然雷鳴が聞こえてきました。雷雨の心配があったので、止むを得ず薬王院で昼食をとり、ケーブルで下山してきました。

 東側を歩く稲荷山コースは、途中何度かスコールのような雨が降ってきましたが葉っぱのひさしに守られて無事に下山することができました。途中、リスに出会いちょっとした感動でした。

 

 本校では、年間5回、登山を行っています。生徒達は、登るたびに無駄のない歩き方やスムーズな体重移動を学びます。ペースも早くなり自信を持って登る姿が見られています。また、仲間同士で支え合いながら目標に向かう気持ちや友達と助け合う気持ちが育っています。そんな育ちの機会を与えてくれる高尾山登山は、生徒にとってとても貴重な経験の場になっています。

6月13日 中学部トピックス1

3年生が「家庭」で調理学習をしました!

 

 先週、報告した2年生の調理学習に続き、今週は3年生が「一人で作れるおやつレシピ」を使ってポテトチップを作りました。

 材料のじゃがいもは、4月に中学部のプランターで収穫したものです。事前の学習では、何味にするかを話し合い、選んだ味は、「塩味」「コンソメ味」「チョコレート味」「のりたま味」の4つ。作り方は、とても簡単。スライサーで薄切りにしたじゃがいもをクッキングペーパーにのせ、味付けをして電磁レンジで加熱するだけ。みんなで協力し合いながらおいいしいポテトチップスが出来上がりました。

6月10日 中学部トピックス1

「生活」の学習で郵便局に行ってきました!

 

 中学部では、毎月「生活」の学習で郵便局に行き、家庭から集金した宿泊行事の積立金を自分で入金しています。生徒達は、将来の職業生活(福祉就労・企業就労)に向けて、計画的な消費についての理解を深めると同時に金融の仕組みを学んでいます。

 郵便局が初めての1年生は、教室で貯金について学習し、入金票に金額と名前を記入してから近隣の郵便局に行きました。郵便局に着くとカウンターで順番待ちの受付番号を受け取り、自分の番号が呼ばれてからお金と通帳、入金票を持って窓口に行きました。

 「お願いします。」「ありがとうございました。」そうした窓口でのやり取りも学習です。慣れない手続きに緊張する生徒もいましたが、通帳を受けとると安心した表情で教員に報告できました。

お金と通帳は教員が管理し、入金時のみ生徒が扱っています。

 

 入金後、生徒達は文京シビックセンター地上25階の展望ラウンジに上って景色を楽しみました。

6月10日 中学部トピックス2

自宅でサンドイッチを作ったよ!

 

 2年生のAさんは、調理実習で作ったサンドイッチを自宅で作り、日記に書いて報告してくれました。おいしくできたようで、また作りたいと言っていました。

6月6日 中学部トピックス1

「体育」の学習を紹介します!

 

 1学期の「体育」は、①ダンス②リラクゼーション③風船バトミントンの3つの活動で展開しています。

 ダンスでは、筑波大学村田芳子先生オリジナルのダンス「ワッハッハダンス」に取り組んでいます。TOKIOの「みんなでワーッハッハ!(作詞・作曲:つんく、編曲:松原憲)」の軽快なリズムにのって仲間と関わりながら自由に表現することを目指しています。生徒達は、2人組になり6つの基本の動きを通して相手に合わせて踊ることを経験しています。

 体をたくさん動かした後は、仰向けの姿勢になり、ゆっくり呼吸を整えます。目を閉じ、体の力を抜いてリラックスします。

 風船バトミントンは、毎年1学期に取り組んでいます。第1回目は、風船をバトン代わりにして2人組のリレーを行いました。動きを伴う活動を通して対人関係を育てることを大切にしている中学部では、ペアやチームで行うゲーム活動を積極的に行っています。第2回目の授業では、ロープに吊り下げた風船を二人組になって打ち合いました。風船は、何度打っても戻ってくるので見失うことはありません。生徒達は、相手の名前を呼びながら楽しくラリーを続けていました。

6月6日 中学部トピックス2

中学部トピック2

 

2年生が「家庭」で調理学習をしました!

 

 中学部の「家庭」では、実際の生活に役立つ生活スキルの学習に取り組んでいます。今週、2年生が「一人で作れるランチレシピ」を使ってサンドイッチを作りました。この日のメニューは「ツナサンド」「フルーツサンド」「ハムチーズサンド」の3種類。生徒達は、できるだけ教員の援助を受けず、友達と協力しながら調理を行いました。レシピを自宅に持ち帰り、家族に作ってあげることが宿題になるようです。

6月6日 中学部トピックス3

跳べ!未来の先生!

 

 大塚特別支援学校では、大学で教員免許状の取得を目指す学生の介護等体験を受け入れています。年間で150名程度の学生が、日々の学校生活や運動会、大塚祭、高尾山登山などの行事を通して生徒とふれあい、障害のある子どもに対する理解を深めています。

 6日(金)は、体操部の学生が中学部に配属され、運動の時間にマット運動を披露してもらいました。目の前で「連続ハンドスプリング」「宙返り」「ロンダートからの連続バック転」を見た生徒達は、大興奮。3年生のAさんは、「かっこいい!」とうっとり。Bさんは、側転や倒立を教えてもらいました。生徒にとっても貴重な経験でした。

6月3日 中学部トピックス1

音楽の学習を紹介します!

 

 今年の音楽では、「ドレミのうた」を題材に学習を進めています。先週は、ドレミの階段(音階)について学習しました。

「ドレミのうた(作詞:O.Hammerstein IIR.Rodgers・訳詞:ペギー葉山 作曲:O. Hammerstein IIR.Rodgers)」といえば、ドーナツ、レモンといったおなじみの歌詞を生徒たちは知っています。今日は、宿題になっていたドレミファソラシドで始まる言葉を発表し合いました。沢山の言葉の中から中学生らしい言葉を選び、大塚中学部オリジナルの「ドレミのうた」を作ります。

6月3日 中学部トピックス2

野菜の苗を植えました!

 

 中学部では、野菜の苗を育てながら成長する様子を観察しています。今年も、各学年で様々な野菜の苗をベランダのプランターに植えました。「大きくなってね」「おいしい野菜になってね」生徒達は、水やりをしながらあたたかい言葉をかけていました。

5月30日 中学部トピック1

 消防写生会を行いました!

  5月23日(金)小学部と合同で働く消防写生会を行いました。

 生徒達は、前日に行われた高尾山登山の疲れも見せず、本物の消防車を目の前にして素敵な作品を描きました。毎年行われる消防写生会では、多くの児童生徒が優秀作品として選ばれ、表彰されています。昨年は、生徒1名が消防総監賞をいただきました。今年も各学年から1名ずつ代表作品を選出し、応募します。

5月30日 中学部トピック2

 作業学習、始動!

 5月29日(木)運動会特別日課にためしばらく中断していた作業学習が再開しました。この日は、藤原前校長先生(創価大学)に学習の様子を参観していただきました。藤原先生には、この1年間、様々な学習のご指導をいただく予定です。

5月30日 中学部トピック3

 クラス対抗風船バレーボール<学部集会>

 中学部の「集会活動」は、集団の一員として生活する上で必要な基本的な生活態度(①「生活態度」)、集団生活や学習に意欲的・自主的に取り組むとともに、友達と協力して活動を展開する力(②「集団への参加と運営」)、他者と気持ちや目標を共にしながら活動するとともに、自他の存在や行為を認め、お互いに高め合う力(③「共有性」)、生活に必要なコミュニケーションの力(④「コミュニケーション」)、以上4つの力を育むことをめざしています。

 5月26日(月)の部集会では、1年間継続して行うクラス対抗風船バレーボールを行いました。1年生にとっては、初めての風船バレー。思うように点がとれず、先輩達の強さを実感したようです。

5月30日 中学部トピック4

 朝の運動、頑張っています!

  中学部では、火曜日と木曜日はサーキット運動、水曜日と金曜日はマラソンに取り組んでいます。しばらくの間、運動会特別日課のため取り組めなかったので生徒達の気持ちも意欲的です。

 「今日もマラソン○周走ります!」

 「今日はタイヤ引きでメダルをもらえるように頑張ります!」

 朝の運動では、毎回、目標の周回数に達成した生徒や一生懸命取り組んだ生徒にメダルを授与しています。生徒達にとって、自分の頑張りを先生や友達から認められる経験の積み重ねが目標に向かう気持ちの育ちにつながると考えます。

5月27日 中学部トピックス1

高尾山登山に行ってきました!

 

 5月21日(水)学部合同生活で高尾山登山の事前学習を行いました。

今年も電子黒板を使って高尾山の自然について学習したり、校外でのマナーなどについて学習したりしました。生徒は、○×クイズ形式で学習をすすめながらプリントにまとめました。

 5月22日(木)高尾山登山の当日。八王子の天気予報は、晴のち曇り。高尾山のピンポイント予報では、雷雨に注意というハラハラした天気の中、生徒たちは、元気に京王線新宿駅改札に集合。高尾山口駅に到着した時には、青空を背景に新緑がまぶしい高尾の山々がみんなを向かえてくれました。

 

 今年も設定したコースは3つ。

 片道3.1キロの急な上り坂が連続する「稲荷山コース」は、ふもとから尾根道を歩きながらスギやヒノキの植林や、雑木林の四季の変化を楽しめます。途中、稲荷山園地に展望ポイントがあり、生徒達は新宿のビル群や東京スカイツリーを探します。

 片道3.8キロの緩やかな上り坂が続く「1号路コース」は、ふもとからのスギの大木が並ぶ表参道を通り、歴史を感じる薬王院を経て山頂まで歩きます。長い距離ではありますが、道幅が広く友達と話をしながら楽しく歩くことができます。

 ケーブルで山頂付近まで登り、山頂までの片道2.4キロを頑張って歩く「ケーブルコース」は、浄心門から山頂まで、南斜面を横切る起伏の少ない山道を歩きます。常緑広葉樹林にモミが混じり、山頂下付近では森林の遷移を観察できます。高尾山登山が初めての1年生は、全員がこのコースを歩きました。

 中学部の高尾山登山では、毎日のマラソンやサーキットトレーニングなどの体育的学習の成果を発揮する場として、また四季折々の自然を観察する学習の場として年間5回取り組んでいます。

 生徒一人一人がしっかりとした足取りでそれぞれのコースを歩き、気持ちのいい汗をかきました。

5月27日 中学部トピックス2

 運動会の取り組みが終った先週から「言語・数量」、「グループ学習(自立活動)」、「なかま・からだ(自立活動)」が本格的にスタートしました。

 3つの学習は、本年度中学部が取り組む重点課題として設定した「自ら学び、考える力を高める」学習として位置づけています。基礎的・基本的な学習を通して、自らの力で課題に向かい、問題解決できる学習場面の設定に努めています。また、様々な学習場面におけて自分から報告する機会を設定しています。

5月23日 中学部トピックス1

運動会の報告!その3

 

 大玉ころがし

 ペアの友達とペースを合わせながら大玉を運ぶことが難しいこの競技では、勢い余って大玉がコースを外れることがよくあります。しかし、今年は違いました。相手の動きを意識しながら上手にリードしたり、合わせたりする生徒の姿がありました。気になる勝負は、紅組の勝ちでした。

 COLORFUL カラフル~ココロの地図を彩ろう~

 最初はフラフープを使った入場行進。ぴったりと息を合わせてダンスをしながら入場する生徒、グングン前に出てリードする生徒、大勢の観客を前に緊張しながら前進する生徒、みんなそれぞれの入場でした。

 続く運動の発表では、重たいタイヤを一所懸命引く姿、体をゆっくり動かしながらバーや足下のゴムひもを越える姿、得意の跳び方を披露したり、大縄跳びをしたりする姿を通して日頃の学習の様子を伝えることができました。

 最後は、何度も練習を繰り返してきたダンスによる表現。青空を背景に、ビリーブTシャツ、そして3年生のフラッグが鮮やかに映えていました。一人一人の表現が一つになり素敵な中学部の「色」を表現することができました。

 中学部紅白リレー

 最後までハラハラドキドキの展開が繰り広げられた紅白リレー。今年は白組の圧勝?誰もが思った第5走。紅組が軌跡の大逆転。逃げる紅組、それを追う白組。最後まで力一杯走る姿が印象的でした。

5月23日 中学部トピック2

 5月21日(木)は、お茶の日。大塚の保健・給食部では、お茶の苗を栽培しながら生徒達に身近な日本の「食」に対する興味・関心を育んでいます。

 この日のメニューは新茶ごはん。新茶で炊いたご飯をおいしくいただきました。給食室の前には、お茶の苗を飾り、葉っぱに触ったり、匂いをかいだりしました。生徒達はクイズに答えながら楽しくお茶についての学習をしました。

5月20日 中学部トピック1

運動会がありました!その1

 

5月17日(土)、天候に恵まれ最高の運動会日和となりました。

中学部の生徒たちは、出場する全ての種目で自分の持てる力を発揮することができました。一人一人の生徒にドラマがあり、一言では語れない、心に残る運動会であったと思います。

教員一同、中学部が目指す「自信をもって目標に向かう力」や「お互いを認め合い、共に学校生活を送る力」の育ちを感じることができました(つづく)。

 

5月20日 中学部トピック2

運動会、16のドラマ!その2

 

 学校行事は、日頃の教育活動で培った様々な力を発表する場です。大塚では、「行事ありき」ではなく、「子どもありき」の取り組みでありたいと考えています。学校は、行事があるからそれをするのではなく、日々の学習があるから行事をするのです。

  しかし、生徒たちにとって、これまでの学習の成果を大勢の観客を前に発揮することは簡単なことではありません。みんな日常生活では感じられないほどの不安 や緊張、重圧を感じながら当日を向かえます。中学部では、自分に「できる」ことを「する」ために、自信をもって目標に向かう気持ちを育てています。今年の 運動会は、人それぞれではありますが様々な「自信」を感じさせる生徒たちの姿をみることができました。うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあり ます。そうした経験の積み重ねの中で、失敗しても前向きに頑張ろうとする気持ちで自分の力を発揮してほしいと思います。私たちは、結果よりもその前向きな 姿に期待しています。

5月16日 中学部トピック 1

おべんとう給食がありました!

 

 毎年、運動会の予行練習がある日の給食は、給食室で作ったお弁当を食べています。午前中いっぱい練習した子ども達が教室に戻ってすぐに昼食がとれるようにと考えた栄養教諭のアイディアです。

 今日のメニューは、ごはん、鶏肉のトマトチーズ焼き、煮物、かまぼこ、オクラの素揚げ、シュウマイ、プチトマト、チーズ、ヨーグルト、牛乳とボリュームたっぷり。生徒達は、いつもと違う給食に大喜び。どの教室も笑顔があふれていました。

(残念ながら13日に行われた予行練習は、雨のため体育館で行いました。)

5月16日 中学部トピック 2

いよいよ運動会!中学部の見所はここだ!

 

・大玉ころがし

 運動会の定番種目「大玉ころがし」は、中学部・高等部の合同種目です。高等部の先輩とペアになり、協力し合って大玉を転がします。大きな大玉をころがすのは、見た目以上に難しくなかなか思うように転がすことができません。果たして、どちらの組みが速くゴールすることができるでしょうか!?中学部・高等部が力を合わせて頑張ります!

 

・紅白リレー

 中学部最後の種目は、紅白リレーです。毎年、抜きつ抜かれつのデットヒートが繰り広げられます。短い練習期間ですが、練習を重ねるごとに着実に力がついてきています。本番では、たくさんの観客を前に練習以上の力を発揮する生徒や緊張感で本来の実力を発揮できない生徒もいるかもしれませんが、最後の最後まで頑張ってほしいと願っています。

COLORFUL カラフル~ココロの地図を彩ろう~

 今年のテーマは、「COLORFUL カラフル~ココロの地図を彩ろう~」です。中学部16名の生徒達は、一人一人が素敵な個性を持っています。それはまるでカラフルな色のようです。「一人一人の持っている色」「友達とペアになった時の色」「クラスの友達が一緒になった時の色」「中学部みんなが合わさった色」などその場、その時で様々に違った色を見せてくれます。みなさんには、どんな色が見えるでしょうか・・・。

・閉会式 

 閉会式の進行は、中学部3年生が担当します。一人一役、みんなで協力して最後まで頑張ります。

応援グッズを作りました!

 中1と中3は、「生活」の時間に応援用のうちわを作りました。紅白の紙を貼り、各自が思い思いの応援メッセージを書き込みました。

 中2は、応援用の太鼓を作りました。空き箱を使ってカラフルな色紙を貼り、バチは紙の筒にスズランテープのボンボンを付けました。みんな中学部の種目だけでなく他学部の応援も楽しみにしているようです。

5月9日 中学部トピック 1

作業学習が始まりました!

 

 5月8日(木)から作業学習が始まりました。全校が運動会の練習を頑張って取り組んでいる最中ですが、また新たな学習が始まったことで、生徒たちの目の輝きと意欲がひときわ感じられました。

 作業学習の所属班発表や役割決めでは、教員の話に熱心に耳を傾け、積極的に立候補する生徒の姿が見られました。今年も「やきもの」「藍染め」「スリッパ・タイル」「園芸」の4つの班で展開します。

5月9日 中学部トピック 2

 昨日は、中学部と高等部の合同競技「大玉ころがし」の練習をしました。この競技は中学生と高校生がペアを組んで大玉を運んでリレーします。生徒の身長ほどもある大玉をコースから外れないように運ぶのは難しい様子ですが、高等部の生徒が上手にリードして一緒に運ぶ姿が見られていました。

 中学部種目の「COLORFUL」は、3部構成になっています。1部はフープを使って表現しながらの入場。2部は3つの運動種目の発表。3部はダンス表現です。2部では、サーキット運動で取り組んでいる「タイヤ引き」と「だんだんバー」、そして3学期に取り組んでいる「縄跳び」を披露します。今週は3部を通した練習が始まり生徒達の動きもスムーズになってきました。

5月9日 中学部トピック 3

ICT教材を紹介します!③

 

 毎年、運動会の閉会式は、中学部3年生が担当しています。生徒6人全員が役割をもって閉会式を行っていますが、今年は進行用のICT教材を作成し、2名の生徒が音声ペンを使って進行をします。音声は、生徒の声を録音したMP3音源を音声ペン作成ソフトに取り込み、1枚1枚のカードに音声ドットを印刷しました。練習の様子については、後日ご報告します!

5月2日 中学部トピック 1

運動会の練習が始まりました!

 

 4月23日(水)から運動会特別時程が始まりました。中学部では、毎年、朝の運動で行っているサーキットトレーニングの得意種目の発表とダンス表現に取り組んでいます。

 今年のテーマは「COLORFUL」カラフル~心の地図を彩ろう~! 中学部お揃いのBelieveTシャツで華やかに登場し、「心の地図」(作詞:MIZUE 作曲:渡辺和紀)の曲に合わせて鳴子を使ったダンスをします。見せ場は終盤に3年生がカラフルなフラッグでフィールドを彩り、16人の生徒達の心を一つにまとめていきます。

 もう一つの競技、紅組白組の勝敗の鍵をにぎる中学部紅白リレーの組分けを行いました。これまでの練習では、走るたびに勝敗が入れ替わっています。全く本番の予測ができないこのレース、当日が楽しみです。勝っていても負けても力一杯走り、次の走者につなぐ! 持てる力を精一杯発揮してほしいと思います。

5月2日 中学部トピック 2

ICT教材を紹介します!②

 

 中学部では、新学期に3年生が行事紹介ポスターを作ります。このポスターは、新入生歓迎会の中で行事紹介をする際に使い、その後は廊下に掲示しています。今年度は、音声ペンを使って友達の紹介が聞けるように工夫しました。さすが3年生、数回の練習をしただけできれいな声を録音することができました。生徒達は音声ドットが印刷されたシートに音声ペンをかざして自分の声を何度も聞いていました。

4月25日 中学部トピック 1

ICT教材を紹介します!①

 

 中学部では、新学期に全員が自己紹介ポスターを作ります。このポスターは、新入生歓迎会の中で自己紹介をする際に使い、その後は廊下に掲示しています。今年度は、音声ペンを使って友達の声が聞けるように工夫したクラスがありました。声の録音では、とても緊張した様子で何度もやり直しました。数日後、生徒は音声ドットが印刷されたシートに音声ペンをかざして自分の声を確かめていました。

4月25日 中学部トピック 2

新入生歓迎会を行いました!

 

 25日(金)青空の下、東京大学附属小石川植物園で新入生歓迎会を行いました。桜広場の緑、空の青、そしてつつじの赤が映える素敵なステージに全員集合。3年生の進行で会が始まりました。各自が作った自己紹介ポスターを使って住んでいる場所や好きなことなどを紹介したり、歌を披露したりしました。お互いの自己紹介を熱心に聞く生徒達の姿がとても印象的でした。

 今回、3年生は音声ペンを使って行事紹介が聞けるカードを作成しました。生徒の声を音声ドットに変換したシートを貼付け、音声ペンでかざすと3年生の素敵な紹介が聞けるように工夫してあります。興味津々の1年生は、早速知りたい行事の紹介を聞いていました。

 2年生は、毎年1年生へ歓迎のプレゼントをしています。今年はアイロンビーズで作ったカラフルなキーホルダーを贈りました。

 最後は、全員で中学部のテーマソング「Believe(作詞・作曲:杉本竜一)」を合唱し、仲間の絆を深めました。

 

 新入生歓迎会では、買い物学習を兼ね、植物園近くのお店でお弁当を購入しています。今日はみんなが思い思いの弁当を楽しみました。

4月21日 中学部トピック

部集会をしました!

 

 中学部では、学部全体の取り組みとして個々の主体的な活動を支援する評価ツール(「グッドポイント」)と仲間関係の促進を支援する評価ツール(「グリーンポイント」)を活用しています。

 グッドポイントは生徒が積極的に係活動や学習に参加する姿が見られた時、教員がその場で褒めてシールを与えています。生徒はそのシールを上着の胸に貼って学習に参加し、授業終了後は教室に掲示されたポイントシートに貼っていくという手続きをとっています。

 グリーンポイントは生徒が友達へのあたたかい言葉掛けや応援、援助などを行う姿が見られた時、教員がその場で褒めてポイントシールを与えています。生徒は、もらったポイントシールを個々に持つ個々のシートに貼っていきます。

 この取り組みは、ポイントがいくつ貯まるかという目標を設定して友達と数を競うものではなく、他者から褒められ、認められた数だけポイントシールとして形に残し、授業の振り返りの際、個人の頑張りを教員や友達などの他者と相互に評価し合うために活用しています。こうした友達同士で互いに認め合う経験の積み重ねは、主体的な活動参加や友達への関わりの動機を高め、教員に支えられるのではなく友達に支えられることによって参加する共同的な学習を可能にすると考えています。

 21日(月)新学期最初の部集会をしました。新入生にとっては、「グッドポイント」や「グリーンポイント」の取り組みが初めてです。そこで、初回の部集会では、教員の寸劇によって、前向きに取り組む姿勢や友達へのあたたかい関わりとはどんなことかについて学習しました。

4月18日 中学部トピック

スポーツテストを行いました!

 

 16日(水)17日(木)の2日間にかけてスポーツテストを行いました。実施する種目は9種目、普段扱うことのない測定器具に戸惑う生徒がいましたが、昨年できなかった測定ができるようになった生徒や記録を伸ばした生徒がいました。一人一人が持てる力を発揮してよい結果を残すことができました。

 知的に障害のある生徒の運動能力測定は難しいことですが、本校では様々な測定器具がどのような力を測るものなのかを学習する機会としても位置づけています。「やったことがない」「やれない」から「やらない」ではなく、まずは経験することが大切な学習の一つであると考えています。

 昨年、ソフトボール投げの記録が3mだったAさん。今年は9mを超えました。投動作ができても目標をもって投げるのとそうでないのとでは大きく記録が違います。知的に障害のある生徒に運動を教える時、身体部位の使い方を教えることで逆にぎこちない動作になってしまうことがあります。身体部位を意識するあまり目標への意識が弱くなってしまい記録が伸びません。Aさんは、今年、明らかにその目標を意識して投げていました。子どもの持てる力を発揮するためには何が必要かをAさんに教わりました。

4月15日 中学部トピック

中学部合同「生活」をしました!

 

 14日(月)、全学年合同の「生活」で中学部行事の学習をしました。生徒は、電子黒板で1年間の行事を確認しながら、マイカレンダーファイルに行事名を記入したり、行事のシールを貼ったりしました。

 電子黒板を使った学習では、画面をタッチするとスライドが進行するように教材の工夫をしています。日付の表示や行事の写真、映像が映し出される度に生徒達は、画面を見入っていました。※教材の作成はパワーポイント(Microsoft Office)を使っています。

 

 1年間の予定を楽しみながら学習した生徒達。中学3年生の楽しみはやっぱり修学旅行。その他、スキー合宿、高尾山登山、ボウリング大会と生徒一人一人楽しみにしている行事が違いました。

 午後は、新学期最初の部集会を行い、中学部のテーマソング「Believe(作詞・作曲:杉本竜一)」の練習をしました。自信をもって歌う3年生の姿がよいモデルとなり、16人の歌声が一つになっていきました。中学部の「音楽」では歌の歌詞を大切に指導しています。ここでは、「信じる」という言葉の意味についてみんなで考えました。

 最後は、3年生が自分たちで作った「新入生歓迎会」の招待状を1年生に手渡しました。ワクワクした表情で招待状を読む1年生の姿が印象的でした。

 15日(火)、昨日に引き続き全学年合同の「生活」で明日から行われるスポーツテストの事前学習をしました。今回も電子黒板を使いながら、テスト種目についてプリント学習を進めました。生徒は、種目名を記入したり、各種目のシールを貼ったりしました。実際にいくつかの種目に挑戦した生徒が拍手の賞賛を受けると大興奮。「すごい!」「次は僕!」と盛り上がりました。明日から3日間、様々な種目に取り組みます。

4月11日 中学部トピック

新入生6名が入学しました!

 

9日(水)、平成26年度入学式が行われました。

 中学部では初々しい6人の生徒を迎え入れました。6人とも少し緊張した面持ちで式に参列していましたが、徐々に表情が和らぐと最後は笑顔で退場しました。教室からは賑やかな笑い声が聞こえ、みんな新しい生活を楽しみにしている様子がうかがえました。

 入学式翌日の10日(木)、朝の運動から日課がスタート。1年生は先輩達に励まされながら元気にグランドを駆ける姿が見られていました。

 クラスの生活の時間には、各学年で学級目標の話合いや係決めを行い、一人一人がこの1年間の目標を考えました。ちなみに2年生は「友達の頑張っているところを見つけよう」、「教室、ベランダ、クリーン作戦」。3年生は、「頼もしいリーダーを目指そう!やさしく・仲良く・元気・笑顔」という目標を話し合ったようです。新入生は、学校探検をしながら副校長先生に挨拶をしたり、先輩達の学習する様子を見学したりしました。

 中学部では、生徒が主体的に活動参加する力や目標に向かう力を育てるために多様な評価機会を設定しています。今日は、早速「グッドポイント」をもらって喜ぶ生徒の姿が見られました。「グッドポイント」による評価は、生徒の主体的な姿や目標に向かって頑張る姿が見られた時に、教員がその場で評価する取り組みです。教員は生徒の上着にシールを貼り、生徒はそのシールを教室に掲示してある個人のポイントシートにためていきます。個々の生徒が頑張った成果を視覚的に示し、学習の振り返りに活用していきます。

4月8日 中学部トピックス

新学期が始まりました!

 

本日、平成26年度1学期始業式が行われました。教員にとっても生徒にとっても待ちに待った新学期の始まりです。中学部は、前年度の教員が7名中6名が持ち上がるため、生徒も安心して新学期のスタートが切れたのではないでしょうか。3年生は、中学部のリーダー的存在として、2年生は、新入生のモデルとなるような中学生らしい姿を見せてほしいと願っています。

 明日は6名の1年生が中学部に入学します。新たな仲間を迎え、中学部が目指す仲間同士で支え合う学部運営を行っていきたいと思います。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba