小学部

そら組の学習ページ(2014年度版)

 このページでは、小学部そら組(5・6年生)で学習した内容や、学習している様子を発信しています。

 

 どうぞご覧ください。

 

 (このページは、新しい記事がページ下部に表示されるように作成されています。)

 

最新記事 2014年11月20日

2014/8/28 もうすぐ2学期

 さて、いよいよ来週から新学期です。本日、宅配便でこのつぶつぶしたものがそら組に届きました。2学期の学習に必要なものです。さて、これは何でしょうか?

くろいつぶつぶ
くろいつぶつぶ

 正解は「カイコガ」の卵です。2学期は、かいこの飼育を通じてさまざまな学習を進めていきます。

2014/9/2 こんにちはカイコちゃん

「せいかつ」の時間にそら組のみんなに黒いつぶつぶを紹介しました。

「触らないで、よく見てください。」

「なんだろう?」

 みんなで見た後で、モニタ画面に拡大して表示しました。大きさは2mmほどです。

「これはたまごです。カイコという虫のたまごです。」

「えーっ!?」

 

「そして、これが、カイコの赤ちゃんです。今日の朝たまごからでてきました。これからみんなでお世話をします。よろしくおねがいします。」

「はーい。」

これは何でしょう?
これは何でしょう?
おおきくして見よう
おおきくして見よう
カイコの赤ちゃん
カイコの赤ちゃん

 生まれたばかりのカイコの幼虫は、真っ黒です。この黒いカイコが大きくなっていく様子や、だんだん色が変わっていく様子などを観察していきます。

2014/9/3 えさをあげよう

 2日間かけてカイコの卵がかえりました。カイコたちにごはん(えさ)をあげます。

 今回そら組の学習では人工飼料と呼ばれるえさを使います。筆を使って優しくえさの上にのせてあげました。

しばらくして確認すると、しっかりえさを食べていました。

2014/9/4 観察記録をはじめよう

 昨日えさをあげたカイコたちの様子を見ると、少し大きくなっているようです。大きな画面に投影して見てみました。えさの周囲に小さな黒いつぶがありました。

「これがカイコのふんです。えさを食べるとふんが出ます。」

「えーっ!本当だ、つぶつぶしてる。」

たまごとは異なるつぶつぶを確かめました。

カイコの大きさを定規で測ると約5mmでした。

また、本日の活動から、子どもたちと観察記録を作っていくことにしました。

今日は5年生が写真係、6年生が記録係です。

2014/9/11 今週の様子

 先週金曜日(9月5日)にカイコの大きさを測定すると、約6mmでした。「おおきく、おおきく、おおきくなあれ!」と、週末はえさを多めにあげました。

 今週、飼育ケースをあけるとびっくり、カイコたちはすくすくと育ち、観察もしやすくなりました。今週は糸を吐いている様子が確認できました。小さくても立派に糸を吐いていました。その後もどんどん大きくなり、11日現在で、約22mmの大きさに成長しています。

9/5 約6mm
9/5 約6mm
糸を吐いています
糸を吐いています
『大きくなあれ』
『大きくなあれ』
9/11 約22mm
9/11 約22mm

かいこの学習、学習歌紹介「ぼくたちのかいこちゃん」

 さて、そら組には、2年前の先輩たちがカイコの学習時に歌っていた「ぼくたちのかいこちゃん」という、学習歌があります。作詞・作曲は当時担任のO・S先生です。とってもユーモラスな歌で、カイコの一生を綴っています。その歌を受け継いで、今もみんなで歌いながら学習しています。歌詞をご紹介します。(6番まであります。)

ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 1番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 1番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 2番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 2番

2014/9/12 手にのせてみよう

小さなカイコも2cmを超え、手にのせられるほどの大きさになってきました。それぞれ手にのせて様子を見ることにしました。


「のせたら、指で優しく触ってもいいですよ。つぶれないようにね。」

「触った感じはどうですか?」

「柔らかいです。」

「すべすべしているね。」

「なんか気持ち悪い。」

「くっついた。」

「いいところに気がつきましたね。カイコの足は吸い付きますね。手を逆さまにしてごらん。」

「あ、くっついてる。」


今週末は3連休、カイコたちは担任がお世話することになりました。来週はどんな大きさになっているかな?

手にのせました
手にのせました
落ちません!!
落ちません!!

2014/9/16 一人ずつお世話しよう

3連休が明けました。大きく育ったカイコをかごに入れてみんなで見ました。その中から元気のいいカイコたちを選び、一人ずつプラスティックのコップに入れて観察しました。

「大きくなったね。」

「今日は3cmから4cmぐらいです。体が伸び縮みしますのでちょっと測りづらいですね。」

「では、えさを入れましょうか。割り箸でつまんでいれてごらん。」

 

「コップを逆さまにしてごらん、足が見えるよ。」

「うんち、うんち。」

「ふんもあるね。」

「コップには一頭ずつ入っているから、それぞれ1日に何個のふんをするか予想しましょう。」

 

ふんの数は明日の記事でご紹介いたします。

約70頭ほどいます
約70頭ほどいます
3cm~4cm
3cm~4cm
コップで飼います
コップで飼います
えさをいれます
えさをいれます
足が見える!!
足が見える!!
ふんはいくつあるかな
ふんはいくつあるかな

2014/9/17 ふんは何個だったかな?

16日に予想した、1日にふんをいくつするか?

学習した10:00から下校時の14:00のそれぞれの予想は表の通りです。

 

1日にふんを何個するかな?
 (なまえ) らいす みかん

まりも

みどり  おすし いと もりもり みるく

予想(10:00~14:00)

 や  1  2  3    3  2  2
結果(10:00~14:00)  す  8  12  11  11  9  10  12
結果(24時間)  み  44  39  56  42  37  52  65

  そら組の児童がお世話する「自分のカイコ」には、それぞれ名前がついています。ふんの数が予想に一番近かったのは「おすしくん」でした。また、1日でもっともたくさんのふんをしたのは「みるくちゃん」でした。えさをたくさん食べてどんどん大きくなっています。

 

2014/9/22 食欲ばっちり

今週末、大塚特別支援学校では4連休となりました。事前にお伝えし、可能な家庭はカイコをそれぞれ持ち帰っていただきました。各ご家庭にお願いしたお世話は、えさやりと、ふんの始末です。すてきな観察記録を親子で作ってくれたご家庭もありました。学習活動へのご協力ありがとうございました。

担任Sも、80頭ほど自宅に持ち帰りました。。。この段階のカイコの食欲、そしてふんの量はすごいものでした。連休明けには、なんとも小さなプラスティックケース2つに山盛りのカイコたちは押し込まれ、満員電車に揺られながら学校に戻ってきました。

たくさんいます
たくさんいます
ふんも大きいです
ふんも大きいです
6cmを超えました
6cmを超えました

かいこの学習、学習歌紹介「ぼくたちのかいこちゃん」2

 今回は3番と4番の歌詞です。

ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 3番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 3番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 4番
ぼくたちのかいこちゃん 歌詞 4番

2014/9/24(水)えさはくわの葉 もぐもぐもぐ

 カイコたちはどんどん大きくなっています。幼虫としては最後の段階でそろそろまゆを作ります。

 カイコはくわの葉を食べますが、本校にはくわが生えておりませんので「人工飼料(じんこうしりょう)」で育てています。学習開始時にベランダにくわの苗を植えており、ようやく少し葉がついてきました。カイコはくわの葉を食べると人工飼料は食べなくなります。全部のカイコのえさになるだけの葉はないので、1頭だけ、まゆを作るまでの間くわの葉で育てることにしました。くわの葉を与えると食べる際の口の動きがよく見えました。

 カイコがくわの葉を食べる様子をモニタに映し出しています。

たくさんいます!!!
たくさんいます!!!
おおきくなったね
おおきくなったね
ふんのにおいは?
ふんのにおいは?
くわの葉を食べていま
くわの葉を食べていま
くわの葉はザラザラ
くわの葉はザラザラ
そろそろまゆに…?
そろそろまゆに…?

各ご家庭にもご協力いただいております

 週末に持ち帰りをお願いしているご家庭から、素敵な観察記録が寄せられましたのでご紹介いたします。 

 週末の持ち帰りから家庭飼育に変更していただいたご家庭もあります。一緒に観察するうちにカイコに愛着を感じるようになったというお話もいただき、大変うれしく思っております。

 

 

みどりちゃん(カイコ名)は、お父さんがイラストを描いてくれました
みどりちゃん(カイコ名)は、お父さんがイラストを描いてくれました

 とてもすてきなイラストです。ありがとうございます。

おすしくん(カイコ名)は、デジカメで撮影して記録してくださいました。
おすしくん(カイコ名)は、デジカメで撮影して記録してくださいました。

 まゆになるところはとても不思議な光景です。

2014/10/7(火)まゆの中は? その1

 カイコたちがまゆになって約1周間、中ではそろそろさなぎになっているはずです。

 まゆの端をカッターで切り、中をのぞくと、立派なさなぎが入っています。今回のそら組の学習ではこのカイコのまゆを使用する予定なので、中のカイコたちにはまゆからでてもらいました。ちょっとかわいそうですが大丈夫、まゆから出してもちゃんとおとなになります。それぞれ新しいお部屋(紙コップ)に引越ししました。

 そら組メンバーのそれぞれのカイコたちは、そのまままゆの中に入ったままおとなになります。

2014/10/8(水)まゆの中は? その2

 翌日、そら組のみんなにもさなぎを取り出す体験をしてもらいました。細かい作業なのでビデオカメラで拡大した様子を確認しながら学習しました。まゆの中にはさなぎだけでなく、脱皮した皮も入っていました。

2014/10/9(木)成虫になりました

 コップに引っ越したカイコがおとなになりました。いままでの幼虫、さなぎとはまったく違った姿にみんなびっくりしました。

「これがカイコのおとなです。」

やっぱりいちばんびっくりするのは羽がはえていることです。でも実はカイコたちは飛ぶことができません。このことを伝えるとまたみんなびっくりしました。

2014/10/16(木)手のりカイコ(成虫)に挑戦

 成虫を手の上にのせてみました。幼虫とは異なり、足の引っかかる感触や羽をばたつかせた時の風を感じることができます。ここでちょっと実験、手の上にはオスのカイコ、メスを近づけフーっと息をかけるとあら不思議、飛べないカイコがすごい勢いで羽を羽ばたかせています。教室では詳しい説明はしませんでしたが、カイコのメスから出されるフェロモンに反応してのことです。放課後、1対のペアが結婚して、夜には卵を産み始めました。何日か後に学校にいらした介護等体験の学生さんに数えてもらったら、611個もありました。

2014/10/27(月)と2014/11/6(木)さようならカイコちゃん

 10月27日、何頭かのカイコが動かなくなっていました。
「おとなになったカイコは10日から2週間ぐらいしか生きられないんだよ。えさも食べないし、水も飲まないんだよ。」と、以前説明はしてありましたが、いざ動かなくなったカイコに、そら組のみんなも何かを感じている様子でした。
  11月6日には、それぞれが飼っていたカイコもみんな動かなくなりました。みんなでお別れすることになり、グラウンド脇の花壇の端に埋めました。
「今まで一緒に勉強をしてくれて、ありがとう。」
こんなメッセージを伝えながらお別れをしました。

その後の学習展開(11月20日まとめ)

 さて、たくさんあったカイコのまゆを使って作品作りをすることになりました。

 

  • まゆ玉ストラップ まずはそのものズバリで、まゆ玉ストラップです。根付にテグスを結び、穴に通して結ぶ、中に鈴を入れて、ボンドで貼り付ける。これだけですが、細かい作業で大変です。紐結び練習器で合格した精鋭がテグスを結びました。

 

  • 真綿づくり 鍋に重曹を入れ、まゆを15分ほど煮ます。少し洗って、形を整えて干します。乾燥したら指でほぐすとフワフワの綿になります。真綿とか絹綿と呼ばれる綿で、触り心地も格別です。

 

  • フェルトコースター 羊毛を圧縮してフェルト状にするのですが、その最終に近い層に真綿を入れてみました。白い色がアクセントとなり、また触ってみると羊毛と異なる感触が感じられます。

 

  • リース、ツリー 担任Sは以前からカイコの学習をする際には、最後にツリーかリースを作るようにしています。まゆ玉そのものをオーナメントに、真綿を雪に見立て飾り付けます。今回は、輪飾りを工夫して、アルミホイルの輪にモールを巻きつけよりカラフルなツリーやリースに仕上げました。


これらの作品は、11月22日にある、本校の文化祭の「大塚祭」で展示と販売をすることになりました。舞台発表の練習の合間にたくさんの作業もこなすことになったそら組のみんなでした。カイコからいただいた、まゆ玉を使うことにみんな大喜びでした。

2014/11/20(木)大塚祭にむけて

 今週末は大塚祭です。

 みんなで作ったまゆ玉の作品がこのように仕上がりました。

まゆ玉ストラップ
まゆ玉ストラップ
フェルトコースター
フェルトコースター
リース
リース
ツリー
ツリー
チラシ
チラシ

かいこの学習、学習歌紹介「ぼくたちのかいこちゃん」2

 5番と6番です。

5番
5番
6番
6番

各ご家庭にもご協力いただいております 2

観察記録
観察記録

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba